評判

着物着付け方資格人気ランキング

若い女性の間でも人気になっている着物。お手頃価格で購入できるようになり、さらに利用者が増えてきています。そんな着物には資格が存在し、勉強することで正しく着こなすことができるようになるんです。

この記事では着物の資格をランキング形式で紹介し、その特徴を詳しく解説していきます。

1位 着物マイスター

着物マイスターとして認定されるためには着付けの仕方・帯の種類・帯を結ぶ方法・着物の畳み方・その歴史といったあらゆる知識を求められます。それだけではなくTPOに合わせた着物の選び方も学ぶことができるんです。

例えば入学式・卒業式・お宮参りでは着るべき着物の種類は違ってきます。学ぶことで正しく着こなすことができるようになるでしょう。資格を取得した後は、着物マイスターとして活動することができます。

カルチャースクールやフリーランスでの活動、ほかフリーランスとしても活躍することが可能です。特に受験資格もないので興味がある人は、今からでも資格取得に向け勉強することができます。

在宅での受験が可能なので、あまり時間が取れない人でも挑戦しやすいでしょう。試験は2か月ごとに行われるので、好きなときに気軽に行うことが可能です。

勉強方法が指定されているわけではないので、自由に教材を選んで学習することができる点も魅力的なポイントといえます。

2位 着付け方インストラクター

着付け方のインストラクターとして、着物の基本的知識やあしらい方を学ぶことができます。例えば着物の仕立て方や着方、そのほかにもTPOに合わせた着物の選び方や歩き方にいたるまで、多種多様な知識が求められるんです。

着物マイスターと似ている点がいくつかありますが、着付け方インストラクターはその名の通り着付け方を重視している点が違っています。どちらも取得することで、より着物についての知識を得ることができるでしょう。

着付け方インストラクターも在宅での受験が可能で、解答用紙を送るだけでいいというお手軽さです。2か月ごとに試験を行っているので、時間が合わないといったこともほとんどありません。

着付け方インストラクターに認定されると着物教室やフリーランスとして活躍できるので、今後着物関連の仕事をしていきたいなら注目していきたい資格のひとつです。

3位 着付け技能検定

着付け技能検定は厚生労働大臣から認定を受けた資格です。学科試験と実技試験の分かれ、それぞれに合格する必要があります。学科試験では着物の種類や帯の選び方といった知識を問われる問題が出されます。

実技試験では一定の時間内に着付けができるかといった、実践的な内容が問われるためどちらの対策も必要となるでしょう。着付け技能検定の場合は受験資格があるので、誰でも受けられるわけではありません。

着付け技能検定の受験資格は実務経験があるかどうかです。実務経験とは人に着付けしたり指導を行った経験のことです。自分の受験資格があるかどうか、確認しておくようにしてください。

また一定の条件を満たしている人は学科試験か実技試験、またはその両方が免除されます。 着付け技能検定に合格すれば着付けの仕事に就きやすくなり、現在働いている人ならキャリアアップにもつながっていきます。

4位 きものコンサルタント

きものコンサルタントは、社団法人全日本きものコンサルタント協会が認定している資格です。試験に合格するだけではなく、予め予備講座に参加する必要があります。

筆記試験と実技試験に合格する必要があるので、両方の対策をしておくことが大切になるでしょう。

受験資格としては2年以上実務経験があること、220時間以上着物の教育機関で勉強していること、全日本きものコンサルタント協会が認めたもの、このいずれかの条件に当てはまっている必要があります。

注意点としては試験は年1回のみ行われるので、その機会を逃さないように気を付けてください。結婚式やイベントのように、着物の着付けが必要となるタイミングはたくさんあります。

人生の幅を広げる意味でも魅力的な資格といえるでしょう。そのほかにも着物の専門家として活躍する未来が広がるので、取っておいて損はない資格です。

5位 着付け師

鈴乃屋きもの学院が行っている講座を受講することで得られる資格です。師範科コースに進み、帯の結び方や振袖の着付けの仕方といった、実践的な知識や技術を学んでいきます。

認定されるためには師範科コースにて1年の受講が必要となるので、余裕をもって計画を立てていきましょう。合格すれば着付け師・着付講師として活躍することができます。

5人以上が集まれば出張着付け教室を頼むこともできるので、どんなことを学ぶのか気になる人は頼んでみるのも手です。着付け師として認定されれば着付けのプロとして、着付け教室やフリーランスとして働くことが可能となります。

着物関連の仕事をしてきたい人にとって、魅力的な資格といえるでしょう。