評判

水耕栽培資格人気ランキング

効率的に野菜を育てることができる水耕栽培。農家だけではなく一般人にも注目の栽培法です。実は水耕栽培に着目した資格があり、認定されれば一定の知識を有していることが証明されるんです。

この記事では水耕栽培の資格をランキング形式で紹介し、その特徴を詳しく解説していきます。

1位 野菜水耕栽培士

野菜水耕栽培士は日本生活環境支援協会が認定している資格です。水耕栽培に関するありとあらゆる知識が問われます。

内容としては水耕栽培に必要な道具、育成に関する豊富な知識、クレソン・トマト・春菊・ヘチマ・イチゴといった野菜を、水耕栽培で育てる方法を知っているかどうかを問われます。

ほかにも水耕栽培を行う際に必要とされる多種作用な技術、タワー型・ポンプ式・トロ舟、多段式・連結式・発泡スチロールについても、理解しておく必要があるでしょう。

害虫駆除の方法まで把握していく必要があるので、覚えておかなくてはならないことは多岐に渡ります。70%正答することで合格することができるので、7割は取れるよう勉強しておいてください。

試験日は2か月ごとに行われるので、機会を逃してしまうことはそうないです。インターネットから申し込み、在宅で受験を行うことができるので、忙しい人にも行いやすいでしょう。

受験料は10,000円(消費税込み)で、比較的お手頃価格なのも嬉しい特徴です。教材等は用意されていないので自分で取り寄せる必要がありますが、好きな教材を自分で選ぶことができるので自由度が高いのが魅力的といえます。

水耕栽培を極めることができれば多くの野菜を、水と液体肥料で育てることができるようにるでしょう。そうなれば野菜不足になったときに慌てずに済みます。

何より正しい知識の元自分で作るので、野菜栽培の成功率自体が上がっていくことになるんです。水耕栽培に興味がある人なら、検討していきたい資格といえるでしょう。

2位 水耕栽培インストラクター

水耕栽培インストラクターは、日本インストラクター技術協会が認定している資格の一つです。水耕栽培を行ううえでの基本的な知識はもちろん、野菜やフルーツの栽培方法も知識として蓄えておく必要があります。

ほかにも家庭のキッチンで行うペットボトル栽培、目的に合わせた栽培方法を選択する力(緑のカーテンほか)水耕栽培を行ううえでの、多種多様な知識も必要となります。

勉強法は特に決められていないので、好きな教材で勉強するようにしてください。 野菜水耕栽培士と受験条件は同じなので、同時に取得していくのもありでしょう。

水耕栽培のメリットは土を必要とせず、雑草の除去等も行わずに済む点です。基本的に農薬を使う必要もないので、植物を育てたことがない人でも楽しく行っていくことが可能です。

できれば試験の前に水耕栽培を何度か行い、練習しておくと後々の安心感が違ってきます。栽培と聞くと多くの道具が必要と感じる人が少なくありません。でも水耕栽培はとてもお手軽に行えます。

市販で水耕栽培キットが販売しているので、それを使用するだけ大丈夫なんです。まずは水耕栽培になれることが大切になります。さまざまな野菜やフルーツで試してみてください。

水耕栽培に慣れておくことで試験に取り組みやすくなり、自信もついてきます。

3位 美味安全野菜栽培士

美味安全野菜栽培士は、公益社団法人 日本通信教育振興協会が認定している資格です。行われている野菜づくり講座を受講し、すべての課題をクリアすることで美味安全野菜栽培士の資格を得ることができます。

勉強法としては野菜づくりの第一人者たちが執筆した、オリジナルテキストを使うようになっています。土や肥料の知識から野菜の加工の仕方、有機栽培を行う方法までしっかりと教えてくれるので今後に役立つ知識が盛りだくさんです。

専門家の指導の元、実際に野菜を作ることができるので、家庭で実践できる具体的なアドバイスをもらうことも可能。たとえ仕事に役立てることはなくても、野菜を自分で作ったという自信は何物にも代えがたいです。

もちろん、美味安全野菜栽培士の資格は仕事にも役立てることができます。例えば野菜ソムリエのような資格を持っていれば、さらに魅力を上げることができるでしょう。

それ以外にもカルチャースクールやイベント、自分で教室を持つ際にも得た知識と資格が役立ちます。野菜はとても奥深い存在です。一から学び野菜の栽培方法を知っておけば、後になって何らかの形で役立つことがあります。

美味安全野菜栽培士ならではの特典をもらうことができるので、そういった意味でも 美味安全野菜栽培士は魅力的な資格です。

もらえるアイテムは金バッジ、ネームプレート、写真入り証明書になります。自宅で教室を開いた際にネームプレートが掲げてあれば、大きなアピールポイントとなるでしょう。

金バッジも一目で安全野菜栽培士だとわかる便利な道具です。自分の状況に合わせて、使い分けるようにしてください。