評判

水彩資格人気ランキング

水彩は老若男女問わずに人気の趣味で、仕事として水彩の技術を使っている人も珍しくありません。そんな水彩ですが、実は資格が存在します。

資格を取得することで正しく知りことができるだけではなく、さらにいい作品作りを行うこともできるようになるでしょう。この記事では水彩資格関連の資格を、ランキング形式で紹介していきます。

1位 水彩アーティスト

日本デザインプランナー協会(JDP)が主催している資格です。水彩に関する基本的な知識はもちろん、水彩を描くために必要な道具に関しての知識も問われます。

例えば水彩画に使われる絵具の種類・モチーフの種類・絵具に関する知識、用紙に関しての知識・筆・好きな絵具の作り方・筆を選ぶ方法・紙の選び方・保存方法・パレットの種類や使用方法についての知識が必要です。

それだけではなくパレットの使用方法にいたるまで、さまざまな知識が必要とされます。資格を取るのは簡単なことではありませんが、取得することができれば大きな力となるでしょう。

特に日本デザインプランナー協会(JDP)はデザイン関係の資格を多く受け持っていて、知名度の高い企業です。水彩アーティストを取得することができれば、趣味だけではなく仕事にも役立てることができます。

試験は2か月ごとに行われているので、忙しい人にも挑戦しやすいです。加えて受験資格が特になく、受験料も10,000円(消費税込み)とお手頃。

申し込みもインターネットから行え、送られてきた課題をクリアすればいいという簡単さです。課題を終えたら郵送で送り返すだけなので、社会人や学生が挑戦しやすい資格といえます。

水彩アーティストの資格を取得することができれば、さまざまな夢を目指すことができます。例えばカルチャースクールや自宅で教室を開くこともできますし、フリーランスとして作品を販売することも可能です。

それだけではなく生涯学習の一環として役立てることができるでしょう。昨今、定年後に生きがいが見つからず、悩んでしまっている高齢者が珍しくありません。水彩画は力を使う必要がなく、それほど場所も必要とされません。

必要とされる道具は透明水彩絵具 チューブ18色セット・パレット・水彩筆(各種サイズ)・スケッチブックだけです。筆洗・鉛筆・練り消しを用意しておくと、なお便利ではあります。

これらの道具は1度購入しておけば、それほど大きな予算を必要としません。それぞれの金額はまちまちなので断定はできませんが、安く済ませようと思えば10,000円前後で、すべての道具がそろったセットを購入することもできます。

自分の状況に合わせてぴったりの道具を使ってみましょう。水彩に必要な道具は規模の大きい文房具店で売っていますが、もし近くに店がないときは通販を利用してみてください。

たくさんの種類の中から、自分に合ったものを選ぶことができます。できれば画材道具ショップで探してみると種類が多く複数のショップを見て回らずに済み、時間の節約が可能です。

お気に入りのショップを見つけておけば今後のためにもなるので、使いやすいショップを探すことから初めてみてください。

2位 水彩画インストラクター

水彩画インストラクターは、日本インストラクター技術協会が認定している資格です。どちらかというと人に教えることを前提として資格で、仕事に役立てたいと考えている人に向いている資格といえるでしょう。

求められる内容としては水彩画を描く手順を心がけていること・静物画の描き方が分かっていること、風景画の描き方が分かっていること、そのほか空や光の描き方を熟知しているといった、知識だけではなく技術面も重視されます。

特に勉強方法が指定されているわけではないので、好きな教材等で勉強してみてください。できれば図面が最初から作られていて、それを絵筆と絵具で塗るだけというタイプから初めて見たほうがいいです。

基本から学べるため勘違いや思い込みを防ぐことができます。初心者向けの物だと挫折せずに済むでしょう。

資格取得後は水彩画インストラクターとして、カルチャースクールで講師をする・自宅で教室を開く・フリーランスとして作品を販売するといった、さまざまな道が開けます。

人に教えることを前提としている資格なので、アドバイスもしやすくなるでしょう。 水彩アーティストと同様、受験資格は必要なく在宅での受験が可能。加えてインターネットや郵送だけですべての雑事が済むというお手軽さです。

仕事やプライベートに忙しい人には、とても魅力的な資格といえます。余裕があったら水彩アーティストと水彩画インストラクターの同時取得を狙ってみてください。

両者勉強すべきポイントが似ているので、知識をうまく活用することができます。在宅受験が可能なので、予定が重なってしまうこともほとんどありません。どちらの資格も取得することで、ますます経歴が華やかなものになります。