評判

中華料理資格人気ランキング

中華料理資格

小籠包、炒飯、餃子、青椒肉絲、天津飯。
名前を聞くだけでもテンションが上がる美味しい「中華料理」。
日本でも多くの人に親しまれており、皆さんが大好きなラーメンも元々は中華料理に当てはまります。

中華料理を食べることは大好き。
でも自分で作る時はレトルトに頼ったり、お店で食べることが多い。

大好きな中華料理を自宅で本格的に作れる人って、思ったよりも少ないですよね。
実は中華料理は、基礎知識さえ身につけることで家庭でも本格的なものを美味しく作ることが出来ます。
調理本ではしっかりと学ぶことが出来ない、と中華料理の勉強にあきらめ気味の方の為に今回は中華料理をわかりやすく学ぶことが出来る人気の資格を紹介したいと思います。

家庭で美味しい中華料理を作る為、中華料理のスキルを証明する為に資格を取得したいと考えている方は、こちらの資格の中から選んでください!

ランキング1位 中華料理ソムリエ

1位は日本安全食料料理協会が認定する中華料理ソムリエです。
こちらの資格では、以下の中華料理の基礎知識について学びます。

・中華包丁や中華鍋など中華料理に使われている調理道具
・中華料理の歴史
・北京料理の基礎知識
・広東料理の基礎知識
・上海料理の基礎知識
・地方料理の基礎知識
・家庭での中華料理の作り方

非常に具体的な中華料理の知識を学ぶことが出来るので、用意されたカリキュラム修了後には、家庭でも本格的な中華料理が作れるほどに学習出来ていると思います。
こちらで得た知識は、資格取得後に講師として指導することも出来ます。
カルチャースクールや、自宅開校の中華料理講師として活動することで自分が得た知識を世間に広めることも出来ます。

資格取得に必要な受験費用は1万円。
試験全体の7割以上の評価を獲得することで取得することのできる認定資格なので、初心者の方でもリラックスして試験に挑むことが出来ます。
2か月に1度、試験が開催されているので年間6回の資格獲得チャンスがあります。
誰でも楽しみながら、納得しながら学ぶことが出来るこちらの資格を取得しましょう。

ランキング2位 中華料理調理インストラクター

2位は日本インストラクター協会が認定する資格の中華料理調理インストラクターです。
こちらの資格では、以下の知識を学ぶことが出来ます。

・中華料理に使用される食器
・中華料理の歴史
・中華料理の地方ごとのレシピ
・一般的な中華料理のレシピ

様々な中華料理の知識を獲得することが出来る資格なので、難しいという印象を受ける方が多いと思いますが、初心者でもわかりやすく学ぶことが出来るようなテキストが用意されているので、誰でも簡単に中華料理のプロフェッショナルになることが出来ます。

家庭で麻婆豆腐や水餃子、チンジャオロースを美味しく作ることが出来るようになるので、家庭で本格的な中華を作りたい人にお勧めになります。

資格取得に必要な受験費用は1万円。
試験全体の7割以上の評価を獲得することで取得することが出来ます。
試験は2か月に1度開催されています。

1位で紹介させて頂いた資格と同じような段取りで資格を取得することが出来ます。
焦らずに、自分のペースで学習し「もう大丈夫だ!」と自信がついたころに試験に挑んでくださいね!

ランキング3位 IPA中華料理技師資格試験

3位は国際職業能力資格認定協会が認定するIPA中華料理技師資格試験になります。
こちらの資格では、中華料理人に向けて作られた本格的な中華料理の知識を学ぶことが出来ます。

こちらの資格を保持することで「中華料理に関する十分な知識」を持っていることを証明することが出来るので、中華料理店での面接時に合格のポイントとなることが多いです。実践の技術が求められる資格なので、初心者の方にはお勧めできません。
「中華料理の基礎知識が学びたい」という初心者の方は1位の資格の取得を目指した方が、自分のペースでじっくりと学ぶことが出来て良いかもしれませんね。

中華料理のプロを目指している人は、こちらの資格を取得しましょう。
中華料理資格 中華料理資格