評判

フルーツ資格人気ランキング

年齢を問わずに好まれるフルーツ。ビタミンが豊富なことから、健康に関心がある人たちにも人気の食品です。そんなフルーツですが実は資格があり、取得することで仕事や趣味に役立てることができます。

ランキング形式でフルーツの資格を紹介していくので、ぜひご参考にしてみてください。

1位 オーガニックフルーツソムリエ

オーガニックフルーツソムリエは、日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定している資格の一つです。食品や料理の技術で、一定のレベルに達していることが必要となります。

例えば健康効果が期待されているスーパーフルーツ、たんぱく質が豊富なナッツ類、ミカンやグレープフルーツといった、柑橘系にいたるまであらゆるフルーツの知識を有していることが必要とされます。

受験資格がないのでフルーツについてあまり知らない初心者、プロフェッショナルを目指したい中級者にとっても魅力的な資格といえるでしょう。特に講座等を受講する必要がないので、勉強方法は自由です。

市販のフルーツの図鑑や便利帳で勉強してみてください。最近ではフルーツの詳細をまとめた情報がネットで簡単に見ることができます。自分の状況に合わせて学習方法を選択してみると、楽しみながら学習することが可能です。

オーガニックフルーツソムリエの資格を取ることができれば、オーガニックフルーツソムリエとしてカルチャースクールや自宅で、講師として働くことができます。

フルーツの面白さやおいしさをさらに感じることもできるので、生涯学習の一環としても魅力的な資格です。フルーツが好きで何か資格を取りたいと考えている人なら、ぜひ検討していきたい資格といえるでしょう。

2位 果物インストラクター

日本インストラクター技術協会が認定している資格の一つで、果物の専門家としての能力が求められます。人に教えるという観点から見ると、果物インストラクターの方がより特化しているといっていいでしょう。

求められる知識は数多くあります。例えば各都道府県で生産される果物の成分、果物に含まれる成分ごとの含有量(カリウムやビタミン)、季節ごとの旬の果物に関する知識といった、細かな理解が必要です。

資格を取得することができれば果物インストラクターとして、自宅で教室を開いたりカルチャースクールで勤務する際にアピールポイントにすることもできます。受験の申し込みも試験も在宅で行うことが可能。

仕事やプライベートで忙しい人にも挑戦しやすい資格といえます。元々果物に詳しい人なら、合格基準である70%の正答率に届くのは難しくないでしょう。

ただ果物の種類は40種類以上に上り、新しく品種改良されたものや海外から届いた果物も多く存在します。そのすべてを把握することはなかなか難しいことなので、やはり勉強していくと安心です。

勉強方法に関する指定はまったくされてないので、本屋や通販サイト等で自分に合った教材を選んでいきましょう。果物の図鑑や豆知識が掲載されている書籍を参考にすると、とっつきやすく学習しやすいです。

3位 フルーツ検定

フルーツ検定はフルーツ検定実行委員会が主催している資格です。フルーツの基本的知識はもちろん、カッティングの仕方や産地や糖度のこと、成分にいたるまでさまざまな知識が必要とされます。

ベーシック(初級)・プロフェッショナル(上級)に分かれているので、自分のレベルに合わせて取得していくことが可能です。

等級によって受験料が違い、ベーシック(初級)なら4,600円、プロフェッショナル(上級)なら5,700円と金額が変ってきます。

併願を行えば9,000円と、割引価格で受験することができるので2つ同時に受けたほうが何かとお得といえるでしょう。インターネット限定割引があるので、お財布事情に合わせて受験することもできます。

開催地は東京・名古屋・大阪になるので(変更する可能性あり)、遠い場所に住んでいる人は事前に備えておくと安心です。勉強方法としてはフルーツ検定実行委員会が推奨している、オリジナル教材を使っていくと便利です。

フルーツ検定の試験概要と模擬問題や図鑑もついてくるので、実践的な勉強をすることが可能となります。

4位 ベジタブル&フルーツアドバイザー

ベジタブル&フルーツアドバイザーは、一般財団法人 日本能力開発推進協会が認定している資格です。フルーツの知識だけではなく野菜の知識も問われ、難易度の高い仕様となっています。

フルーツや野菜の栽培技術に対する知識・味の特徴・含まれる成分・旬の時期といった、細かな知識が必要。勉強することで、それぞれのよさや特徴の違いを学ぶことができるでしょう。

受験資格を得るためには、日本能力開発推進協会が認定している教育機関等で、教育訓練を修了する必要があります。その後は在宅で試験を行うことが可能なので、まずは既定の教育機関を探すようにしてください。

資格取得後はベジタブル&フルーツアドバイザーとして、カルチャースクールやフリーランスで働くことができるようになります。