評判

スポーツフード資格人気ランキング

スポーツフード

今回は、様々な資格の中からスポーツフードに厳選した人気資格ランキングを紹介させて頂きます。
将来、プロのスポーツフードマイスターを目指されている方や、お子さんのスポーツ生命を応援したいという親御さんにとって非常に有意義なランキングになっております。

資格取得に必要な料金の目安などもわかりやすく紹介させて頂いておりますので、是非ご覧ください。

1位 スポーツフードマイスター

ランキングトップを飾る一位は、日本安全食料料理協会が認定する資格であるスポーツフードマイスターです。
身体の仕組み、競技に必要になる筋肉などスポーツフードを作るうえで必要な知識をわかりやすいカリキュラムで学ぶことが出来ます。
通信制なので、自分のペースで自分の理解力に合わせて学ぶことが出来ます。

対象となる人の種目、年齢、運動量、身体の癖に合わせたスポーツフードを作ることが出来るので、大変将来性の高い資格だと感じました。
受験資格は特に必要ありません、やる気さえあれば誰でも受験することが出来ます。

受験時には7割以上の評価を得ることで資格を取得することが出来ます。
スポーツフードに関する資格の中で間違いなく一番のオススメなので、必ず取得しておきましょう。

【必要経費】
カリキュラム費用+受験料10000円。

2位 アスリート栄養食インストラクター

2つ目に紹介させて頂くのは、日本インストラクター協会が認定する資格であるスリート栄養食インストラクターになります。
1位のスポーツフードマイスターに引けを取らない有意義な資格であり、スポーツ選手の食生活サポートに役立つ知識を幅広く学ぶことが出来ます。

栄養学は勿論、身体の動きに必要な栄養をたっぷりと取り入れることが出来るレシピなど得るものが非常に大きい資格になります。
スポーツフードマイスターと同様に、7割以上の評価を得ることで資格を取得できるので、やる気がある方であればだれでも挑戦できます。
高すぎる基準ではないので、合格に向けてのモチベーション維持もたやすいと考えられます。
アスリート向けの食事を作りたいと考えている方は、こちらの資格に挑戦してみましょう!

【必要経費】
カリキュラム費用+受験料10000円。

3位 アスリートフードマイスター

3つ目に紹介させて頂くのは、株式会社アスリートフードマイスターが認定する資格であるアスリートフードマイスターです。
合格率が85%を超えていることから、非常に取得しやすい資格であることがわかります。
勿論、資格認定の前のカリキュラムがしっかりしているからこそ85%の評価が出ていると考察出来ます。

3級、2級、1級とそれぞれ難易度が違いますが、資格取得後にも更に上を目指すことが出来るので貪欲に知識を求めている人に向いている資格だと言えます。
通信だけでは不安がある人は、通学制のコースも用意されているので気兼ねなく挑戦しましょう!

【必要経費】
受験料含め総額68000円。

4位 スポーツフードスペシャリスト

4つ目に紹介させて頂くのは、Formieが認定する資格であるスポーツフードスペシャリストです。
スポーツ選手に必要な栄養素をしっかりと食事の中に取り入れるためのレシピや、作り方、栄養学について徹底的に学ぶことが出来ます。
部活やクラブ活動を頑張っているお子さんや、スポーツに本気で挑んでいる方のサポートに役立つ資格になります。

【必要経費】
総額37000円。

5位 スポーツフードアドバイザー

最後に紹介させて頂くのは、日本能力開催推進協会が認定するスポーツフードアドバイザーです。
名前から想像できる通り、スポーツフードに関する知識を徹底的に学びスポーツ選手やアスリートに自身が得た知識を提供することを目的として認定される資格になります。
各競技における体の使い方、体の仕組み、栄養学について学ぶことでスポーツに役立つ知識を備えることが出来ます。
様々な段階の選手に対応できる柔軟な資格なので、希望する方は取得をお勧めします。

【必要経費】
総額56000円
スポーツフード資格 スポーツフード資格