評判

カリグラフィー資格人気ランキング

アルファベットを独特の手法で美しく見せるカリグラフィー。手書きの作品を見る機会が少なくなった今だからこそ、注目されている技術です。

この記事では今注目されているカリグラフィー関連の資格を、ランキング形式で紹介していきます。自分に合った資格を見つけていきましょう。

1位 カリグラフィーデザイナー

日本デザインプランナー協会(JDP)が認定している資格で、カリグラフィー関連の資格の中でも特に知名度が高い資格です。

カリグラフィーに関する歴史や使われる道具、その練習方法から専門用語、ほかにもアート作品にいたるまでさまざまな知識が問われることになります。

カリグラフィーデザイナーならではの特徴として、挑戦のしやすさが挙げられます。特に受験資格がなく、在宅での受験が可能。2か月ごとに試験が行われているので、忙しい毎日を送っている人でも気軽に挑戦できます。

問題用紙と解答用紙は郵送で送られ、解答した後も送り返すだけで済ますことが可能です。時間に合わせて出かける必要がないので、予定を組みやすいのも大きな特徴といえるでしょう。

カリグラフィーは大きく分けて、ゴシック体・イタリック体・カッパープレート体の3つに分けられます。ペンを使いペン先や筆圧の変化によって、微妙なラインを操り形成していくのです。

魅力的な文字を表現するためには独特の手法を操る必要があり、知識のない人が行うのはとても難しいといえます。事前にしっかりと学習していきましょう。

カリグラフィーデザイナーの資格を取ることができれば、ロゴデザインを担当することができるようになります。そのほかにも講師として自宅で教室を開くことが可能です。

パソコンで簡単にきれいなロゴや文字を生み出せる時代だからこそ、手書きの文字が特別な存在として扱われます。キャリアアップの手段としても、カリグラフィーデザイナーは魅力的な資格といえるでしょう。

2位 カリグラフィー飾り文字インストラクター

日本インストラクター技術協会が認定している資格の一つで、カリグラフィーを使ったフォントや書き方といったさまざまな知識が問われます。

例えばイタリック体・アンシャル体・ラスティック体・フラクチャー体・カッパープレート体、そのほか数多くのフォントを操れる知識や技術を持っていることが大切になるんです。

カリグラフィー飾り文字インストラクターを取得することができれば、教室で講師として活動することができるようになります。

そのほかにもハンドメイド作品として出品したり、自分で教室を開くという選択肢も広がることになるんです。特に受験資格がなく在宅での試験が可能なので、ハードルが低いのもカリグラフィー飾り文字インストラクターの特徴といえるでしょう。

もちろんカリグラフィーの魅力は、仕事に役立つということだけではありません。例えばクリスマス・誕生日会・入学式や卒業式のお祝いといった、さまざまな場面でカリグラフィーの技術を使う機会があります。

カリグラフィー飾り文字インストラクターの勉強をする際は、まず道具の選定から始めましょう。まず大切になるのがペンです。特にペン軸は自分に合ったものを選ぶようにしてください。

ペン先は別に販売しているので好きに取り替えることができますが、ペン軸は慣れもあるので頻繁に変えると弊害が出る恐れがあります。実際に触ってみるのが1番なので、品揃えのいい文房具屋を探しておくようにしましょう。

近くに大きな文房具店がないときは通販という手もあります。文房具専門店が運営している通販サイトをチェックしてみてください。多種多様なアイテムから選ぶことができるので、選びがいがあります。

3位 公益財団法人 日本手芸普及協会(JHIA)のカリグラフィー講師資格

 

カリグラフィー講師資格を得るためにはカリキュラムを受講し、修了する必要があります。本科・高等科・講師科を修了し、さらにその先にまで進むと師範として認定されるのです。

師範として認定されれば講師として活躍できるようになり、仕事の幅を広げることができます。手に職をつけることができるので、専門家として活躍しなくとも副業として技術を使っていけるでしょう。

実際に指導をされながら勉強することができるので、実践的な知識や技術を時間をかけながら学んでいきたい人には魅力的な資格です。分からないことがすぐに質問できる点が、講座の大きな魅力といえます。

本科・高等科・講師科のコースを修了するだけでも最低2年は必要。時間に余裕をもって学習するようにしてください。注意点としては、申請料に気を配るようにしてください。申請料を支払わないと、卒業することができません。

本科 6,000円、高等科 8,000円、講師科 30,000円、指導員 45,000円になります。それぞれに金額が違うので、注意するようにしましょう。

カリグラフィー講師資格を得るまでには時間がかかるので申請料について、忘れてしまいかねません。メモ等に書いていくようにすると安心です。