評判

高齢者・障害者の安心できる日常を演出するために、口コミ評判の高いライフ環境アドバイザー認定試験をうけるのがお薦め!

諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

一昔前に比べだいぶ改善されてきたものの、日本は高齢者や障害者に暮らしにくい国です。バリアフリーが欧米などに比べようやく充実してきましたが、まだまだ不便な部分はたくさんあります。

もしあなたも同じように感じられていて、高齢者や障害者に役立つ仕事をしたいとお考えでしたら、日本生活環境支援協会で受験できるライフ環境アドバイザー認定試験を受けてみられてはどうでしょう?

自らが高齢者の介護などをしながらライフ環境アドバイザー認定試験を受け、自分の役に立っただけでなくそれを生かして新たな仕事も見つかった人も多く、そういった方々から口コミ評判になっているのです。

バリアフリーの現状

最近、車いすや足腰の不自由な人むけにスロープができる施設も増えてきました。駅にもエスカレーターが設置される場所も増えてきました。でも、まだまだ全ての施設でそのようなものがあるわけではなく、特に高齢者の多い地方の施設ほどそういったバリアフリーの工夫が予算の問題などで追いついていないのが現状です。

それは家庭でも同様です。高度成長期に多く立てられた家屋やアパートは高齢者を想定していないものも多く、住民が高齢化するに従ってその不便さがきわだってきています。

また、そのような物理的なバリアフリーだけでなく、心のバリアフリーも意識しなければなりません。認知症などで言葉の意味がわかりにくくなった人に対して難しいことを言っても、そもそも言葉の意味が理解できていないということもあるのです。

そういった様々なバリアフリーを取り除き、高齢者や障害者が安心して暮らせるようにする人を増やすためにライフ環境アドバイザー認定試験は生まれました。そして高齢化はどんどんすすんでいますので、これまで以上に口コミ評判になっているのです。

安心して暮らせる住宅をめざしましょう

ライフ環境アドバイザーは、高齢者や障害者が安心して暮らせる住宅を作るために、本人や家族に協力を求めながら仕事を行います。

ちょっとした段差も転倒の危険がありますし、ものを持ち上げたり移動したりするのもだんだんできにくくなりますので、それに応じたケアも必要になります。その他入浴や着替え、トイレ、就寝など、これまで普通にできていたことが時間がかかったりできなくなったりしますが、ちょっとしたアドバイスやレイアウトの工夫、家族の協力などで自分でスムーズにできるケースもありますので、そのような的確はアドバイスができれば口コミ評判になっていきますよ!

コミュニケーションがなにより大事

ライフ環境アドバイザー認定試験に合格することはまず大事なことですが、相手とのコミュニケーション能力もとても大事です。ですので、筆記試験で合格したらそれで安心、というわけでなく、仕事としてライフ環境アドバイザーの資格を活用されたいのなら、コミュニケーション能力も積極的に磨きましょう。

特に、自分の家族と接する場合と他人と接する場合とでは違ってきますので、様々な人と分け隔てなく話すことができる方にはライフ環境アドバイザーが適しています。

その他、こんなことも大事になります。

ライフ環境アドバイザーは、高齢者や障害者が安心できる日常生活を提案していく仕事ですが、それ以外にも必要なことがあります。

特に、認知症が進んだり足腰が立たなくなってきたりした場合、各種手続きが必要なこともあります。介護保険や後期高齢者医療制度などはまだまだ知らない人も多いので、そういったことへのアドバイスもする必要があります。

また、家庭裁判所で法定後見人を選ぶこともできるのですが、資産の管理を第三者(家族がなる事もできます)に委ねることもできるなどのアドバイスも必要になる場合があります。

口コミ評判の高いライフ環境アドバイザーになるには、行政の手続きや法律関係もくわしくなったほうが良いですね!