評判

高齢化社会に必要!と口コミ評判になっている資格をとるため絵画インストラクター認定試験

デッサン人形

高齢化社会になって、趣味として絵画を始める人が増えているそうです。絵画のサークルやコミュニティ、教室やセミナーも一定数の人が常にあふれています。

そんな中でデッサンやスケッチといった絵画の基本となることから学びたいという人は多いですし、デッサンやスケッチには集中力が身につき、精神的なバランスを取ることができるという効果が期待できるためストレスの軽減や認知症の予防などに取り組む人も多いのです。

ですので、デッサン、スケッチの様々な技法や各種類の道具の的確な使用方法などの専門的知識、技巧を持つ人を認定する「絵画インストラクター認定試験」は絵画の基本技術を知っている人の中で口コミ評判になっている資格なのです。

デッサン・スケッチの大事さ

子どもの頃から「お絵かき」をたくさんしていた子どもは、大人になってもデッサンやスケッチが上手だといわれています。教えられなくても自然に構図のとりかたや立体的にみせるテクニックがみについているのでしょうね。

でも、プロの芸術家を目指すのでなければ、例え定年退職後にデッサンやスケッチを始めてもある程度のレベルまで上達することは十分可能です。

よりよい絵画を描くためにももちろんデッサンやスケッチは大事なのですが、それ以外にもさまざまな効果があるので、絵画インストラクター認定試験を受ける前におさえておきましょう。

高齢者の生活を豊かにする効果

歳をとると、身体の自由が利かなくなり始めます。また事故や病気の後のリハビリが長引くこともあります。

そんなとき、無理せずに指を動かしたり、対象を見るために首や目を動かすことで、スケッチはリハビリ効果になるのです。

また、脳も活性化するため、認知症の予防になりますし、一人暮らしなどで孤独に陥りやすい高齢者に自己表現する場を設けることにもなるのです。

絵画のサークルやコミュニティ、教室やセミナーで高齢者が多く参加しているのも、上手に絵が描けるようになる事とともに、そのような健康効果や心理面の効果、さらには他の人とコミュニケーションをとれること、そして自分が描いた作品をほめてもらえることなどが目的になっている人もいるのです。

子どももあなたの顧客になるかも

ここまでは主に大人、特に高齢者を顧客にしてあなたが絵画インストラクターとして活躍する可能性について描いてきましたが、実は子どももあなたにとって大事な顧客になるかもしれない対象です。

絵画教室は子どものころに通われた方も多いと思いますが、それ以外にも心理療法として絵画、特にデッサンやスケッチは使われているのです。

心理学者の故河合隼雄氏などが研究で、心に問題を抱える子どもは絵の描き方が下手で表現力が乏しいことを明らかにしています。

逆に言えば、スケッチやデッサンを通じて人や物を正確に捉える練習を繰り返すうちに、心の問題も解決されることが期待されているのです。

こんな技能をもっていれば大丈夫

さて、そのように多くの人のお役に立てる絵画インストラクター、あなたもやってみたくなったのではないでしょうか?でも、「絵画インストラクター認定試験が口コミ評判なのはわかったけど、自分の知識や技術で大丈夫かな?」と思われる方に、どのような技能が必要か簡単にご紹介します。

・目に入る対象物をそのままの姿で陰影などを用いて立体的に絵にする技術

・頭の中にイメージしたものをより具体的に且つ鮮明な絵にする技術

・全体像をまず描き、徐々に細部まで手を加えていく技術

などです。
デッサン  デッサン