評判

食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

食育

食育健康アドバイザー認定試験とは?

食育健康アドバイザー認定試験とは、食のスペシャリストをサポートする日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定している試験で、食育に関する知識と、食育と健康な生活の関連などに対して、深い見識を持っている事を認定する試験です。合格すると食育のプロとして認定され、食育の有識者として、自宅やカルチャースクール等での講師としての活動も可能になります。

食育とは何か?

2005年食育基本法が成立しました。食育基本法によると、食育とは生きていくための基本であり、知識や道徳を育むうえでも、体育で身体を作るうえでも基礎になるものとされています。

食を大切にする心を育み、伝統的な食文化を大切にし、栄養バランスを考え、偏った食事をなくすようにし、肥満や生活習慣病を防止し、食と栄養と健康に関する正しい知識を身につけて過度な痩身志向にも警鐘を鳴らすなど、食育の目的と役割は多岐にわたります。調理教育だけではなく、栄養学や食文化、食がもたらす健康への影響などについての総合的な教育なのです。

認定試験の内容は?

食育健康アドバイザー認定試験で問われる内容には、主に以下のようなものがあります。

  • 食育に関しての基礎知識
  • 食育基本法に関しての知識
  • 諸外国の食育の取り組みに関しての知識
  • 食育と生活習慣病との関連に関しての知識

など、食育と健康に関しての幅広い知識と深い理解が求められる内容になっています。

合格をするためには?

日本安全食料料理協会は認定試験を行っていますが、学校ではないので、授業をしてるわけではありません。ただ認定校制度を設けてるので、JSFCA認定校の授業や通信教育を受けて試験に臨むことは可能です。また、食育に関する書籍や専門のスクールで学んで、受験をしてみるというのもいいでしょう。

認定試験のシステムや日程は?

試験を受けるための資格は特にありません。誰でも好きな時に受験できます。受験に掛かる費用は10,000円。申し込みはインターネットを通じて行い、試験も自宅で受けられます。1年に6回、概ね2ヶ月に1回のペースで試験が行われているので、受験者の好きなタイミングで試験を受ける事ができます。試験はだいたい期間が5日間あって、その中で都合のいい日に受ける形になります。

合格するには70%以上の正解が必要になります。知識が身についていれば、そんなに困難な問題ではないはずですし、受験するチャンスは何回でもありますが、10,000円とはいえ試験に失敗するともったいないので、しっかりと知識が身についた段階で受験に挑むのがいいでしょう。

口コミや評判は?

「育児を通して食育に興味を持ちました。」「結婚を機に、食事を通して家族の健康をもっと大切にしていきたいと思うようになりました。」「ブログにレシピを載せる際に、説得力が増して自信がつきます。」など、家族の健康や育児、情報発信などで役立てたいと思う人が多く目指しているようです。

「家にいながら受験できるので、育児中でもできました。」「仕事をしながらなので、なかなか勉強が捗りませんが、年に何回もチャンスがあるので助かりました。」など、自宅で気楽に受験できて、頻繁に機会がある事も好評なようです。

身近な食のスペシャリストとして

ファーストフードやインスタント食品は手軽で便利ですが、子供の育成にも、大人の生活習慣病にとっても良くない影響が考えられるという事から生まれた食育基本法ですが、今後は教育の現場や、介護や福祉の現場での、専門的で豊かな食育の知識を持つ人への需要が増えてくる事が予想されます。

おいしくて身体にいい食材を選べ、生活習慣病やメタボに配慮したした食事を提案でき、アトピーやアレルギーを改善する食事への知識や、幼児からお年寄りまで、それぞれのライフステージに合った食事を提案できる、身近な食のスペシャリストは、これからますます大きな存在になっていくでしょう。
食育  食育