評判

音楽資格口コミ評判ランキング

音楽療法士

音楽は、その人それぞれに思い出の曲があり、その曲が流れるとその時の風景や、出来事がよみがります。音楽によって、心の痛みや不安が癒されたり、元気をもらったり、感動したりすることができますが、これは脳内物質であるドーパミンの分泌を促す働きがあることが分かってきています。音楽を聴く事で、心理学的な分野から癒しの作用を利用したり、脳の活性化を促したりと医療機関でもその効果を実証しています。音楽の癒しの効果を勉強してみたい方、それを活かしてみたい方などにおススメの資格になります。

1位 メンタル心理ミュージックアドバイザー

日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する資格になります。人間の心理を学び、身体に与える影響を考え、心身に対する音楽の癒しの作用を理解している人に与えられる資格になります。音楽を聴くことによって、楽しい気分になったり、心が軽くなったりなど心理的にも良い効果があります。メンタル心理ミュージックアドバイザーのカウンセリングを受け、その症状にあった音楽のアドバイスをすることができるようになります。音楽を活用することによって、音楽の効果を最大限に引き出し、精神面での問題改善や健康推進の維持を保てるよう心理的療法をしていくことができるようになります。
メンタル心理ミュージックアドバイザー資格詳細

2位 音楽療法インストラクター

日本インストラクター協会が主催する資格になります。音楽の歴史、効果等の知識を習得し、生活のなかで音楽の役割、重要性を考えること知識を有している方に認定される資格です。音楽療法の考え方や利用方法を的確に判断し、相談者に合った音楽を提案していきます。音楽は、集中力を高めることができ、あるいは、日常に癒しを与える空間を作り出すことができます。それぞれに応じた音楽の役割を理解し、その時の心理状態や身体の健康状態にあった音楽で、リラック効果や落ち着いた空間を演出することができるようになります。資格取得後は、講師活動で活かす事ができます。音楽療法インストラクター資格詳細

3位 音楽療法士

日本音楽療法学会が認定する資格になります。学会が認定する認定校が全国各地にあり、その教育機関で必要なカリキュラムを修了すると受験資格が得られます。その後試験に合格すると音楽療法士の資格を取得することができます。音楽を音楽療法として、専門的に扱うことができ、提案することができます。心理的や社会的な効果を応用し、心身の障害の回復、生活の向上や、行動の変容など病状の回復を促します。音楽療法士は、医療関係の現場で活躍することができます。介護福祉、医療機関、リハビリセンターなど、これからの時代に必要な人材ですが、募集人数がまだ今の段階では少なく、常勤で勤務できることは、なかなか難しい現状もあります。
音楽療法  音楽療法