評判

誰でもできるミニチュアの世界、建築模型を学ぼう!

建築模型

単純なものから複雑なものまで、建築物のプレゼンテーションで使用されることの多い建築模型。
講師としての活動を除き、誰でも建築模型士として活動することは可能で、内職や在宅ワークにもジャンルの一つとしてミニチュアの住宅模型を作成する建築模型製作の仕事もあります。
ここでは「建築模型士になりたい!」「技術の高い建築模型士になるにはどうしたらいいの?」という方のために、資格の取得を通じて基礎から応用までの学習が可能な資格をご紹介します。

すぐれた建築模型士を目指す2つの資格

建築模型士の資格はいくつかありますが、模型士としての基礎知識を学べ、技術の向上に役立つオススメの資格は、日本デザインプランナー協会(JDP)が認定する「実践建築模型認定試験」と、日本インストラクター協会(JIA)が認定する「建築模型技巧士インストラクター」という資格です。

実践建築模型認定試験

実践建築模型認定試験とは、建築模型の知識や製作技術、技能が一定以上ある人に認定される資格です。
1級と2級があり、1級では上記に加え、建築模型の製作者として実践の場で通用する知識・技術を持っているかが問われます。
取得することでカルチャースクールなどで講師活動をすることが許可されます。

建築模型技工士インストラクター

建築模型技工士インストラクターとは、各種建築模型についての知識があり、実務で通用する段階に達した人に認定される資格です。
建築模型には学習用やプレゼン用など幾つかの種類があり、それらの知識を学ぶことのできる資格となっています。
こちらの資格も取得することでカルチャースクールなどで講師としての活動が行えるようになります。

受験について

どちらもインターネットから申請可能で在宅受験が可能です。
7割の評価があれば合格です。受験料は各1万円となります。
受験日など詳しくは下記のリンクをご参照ください。
https://www.designshikaku.net/

https://www.jpinstructor.org/

合格をめざして

どちらの資格にも合格に向けた数多くのスクールや講座があり、通信教育の講座も豊富にあります。ネットで「建築模型 通信講座 ランキング」や「建築模型士 資格」などの検索ワードで調べると、通信教育やスクールに関する情報がすぐに出てきます。
どちらも人気がある資格ですので、検索するといろいろなサイトが上がってきます。
値段や内容も様々ですので、それぞれのサイトの口コミなどの評判を比較し、よく調べた上で自分に合った、楽しく学べるものを選ぶと良いでしょう。

テレビなどでも高収入在宅ワークとして紹介され、人気の高い建築模型士の仕事ですが、
単なる模型作りに止めず、建築物の設計者の意図をわかりやすく伝えられることでより仕事の質が向上します。
資格取得によって技術をステップアップさせ、レベルの高い建築模型士を目指しましょう。
建築模型・住宅模型  建築模型・住宅模型