評判

製図の信頼性が問われる今、CADデザインマスター認定試験は、口コミ評判が高まる

cad

住宅やビルなどの建築物の建造にまつわるトラブルが社会問題となっている現在、世界標準CAD、AUTOCAD、JWCADを使いあらゆる場面でより的確に作図能力CAD技術を一定以上のレベルの知識を身につけることで資格が得られる「CADデザインマスター認定試験」が口コミ評判になっています。

建物は一度作ると、欠陥があるかどうかなどはすぐにはわかりませんし、10年後、20年後になって歪みが起きたりもろい構造だったりということが発覚するという特質があります。

建物の偽装工作が明るみになり、ニュースになっている今だからこそ、確かな知識と専門性をもった人材である「CADデザインマスター認定試験」に合格した人は求められているのです。

CADって?

CADとは、(computer aided design)の略語で「キャド」と呼ばれ、直訳するとコンピューター支援設計となります。ようするに、これまで人間の手で行われていた作業をコンピューターを使用して行うことなのです。

CADの特徴として、

☆製図作業や図面作成が正確に処理できる
☆編集が容易である
☆データ化、ソフト間の互換性がある

などのメリットがあり、これまで人の手だけに任せられていた製図作業が一変する技術となっています。

CADにもいろいろ種類があるのですが、CADデザインマスター認定試験で問われるのは、CADの中でも役立つとして口コミ評判が高い

なぜCADデザインマスター認定試験が有利なのか?

以前、東京に行くと、駅近辺で道路工事を行っていました。数ヶ月経って行ってもまだやっています。いつ終わるのかな、と思っていますが、結構長期化しているようです。

高度経済成長期以降、たくさんの建築物が建てられましたが、急ピッチで作られた建造物の多くに欠陥があることが最近明らかになってきています。「くいうちデータ偽装」によるマンション傾斜事件は氷山の一角かもしれません。建築業者も世間からの追求に敏感になっていますので、CADの知識を持った人材を求めているのです。そう考えると、CADデザインマスター認定試験に合格するためにCADの勉強をすることは大きな可能性があると思いませんか?

加えて、2020年開催の東京オリンピックのために、多くの施設を作らなければなりません。2011年に起こった東日本大震災の復旧もまだ終わっていません。より耐震構造の強い家屋も作られる必要があるのです。

また、CADデザインマスター認定試験で扱うCADは世界標準の規格なので、希望すれば新興国など世界を舞台に活躍する道も開けているのです。

CADを勉強するにはどうすればいいの?

このように口コミ評判の高い資格が取得できるCADデザインマスター認定試験ですが、どのように勉強すれば良いのでしょう?

まずは、CADのフリーソフトがありますので、それを利用してどのようなものかを知り、実際に製図してみると良いでしょう。検索サイトで探すことができますよ。

より高機能な製図をしたいのであれば有料のソフトもありますが、まずは勉強するだけであればフリーソフトで十分だと思います。

こんなあなたはCADデザインマスター認定試験をうけるべきです

ここまで読まれて、「自分にはハードルが高いかな」と思われる人もいらっしゃるかもしれません。でも、社会的責任が問われる職業であるので、それなりの勉強は当然必要です。逆に「簡単そうだから」という理由で安易な気持ちでCADデザインマスター認定試験を受けない方が良いですね。

そうではなく、「立派な建物を作り社会に貢献したい」という意識の人はぜひ受けてほしいです。
CAD通信