評判

色彩効果でリラックス、カラーセラピストになるには

色彩

色の持つ生理的・心理的効果で心身のリラックスを図る「カラーセラピー」が注目を集めています。
メンタルカウンセリングに取り入れられることもあり、「カラーセラピストになりたい」という人も増えています。
カラーセラピーには幾つかの資格があり、今回はその中でオススメの資格をご紹介します。

カラーセラピストにオススメの資格

カラーセラピーの基礎と応用を学べ、実践に役立つオススメの資格は、日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が認定する「カラーセラピー認定試験」と、日本デザインプランナー協会(JDP)が認定する「カラーアドバイザー」、そして日本インストラクター協会(JIA)が認定する「色彩インストラクター」という資格です。

カラーセラピー認定試験

カラーセラピー認定試験とは、色の持つ効果や原理、色の活用方法についての知識が身についている人に認定される資格です。
カラーセラピストとしての基礎知識を身につけることができる人気の資格です。

カラーアドバイザー

カラーアドバイザーとは、色の心身に与える影響や性質・特質を理解し、的確なアドバイスを行うことができる人に認定される資格です。
デザインやファッションなどの業界でのニーズがあり、幅広い活躍ができる資格です。

色彩インストラクター

色彩インストラクターとは、色相・明度・彩度やコントラストなど、色に関する知識が基準以上身についている人に認定される資格です。
色覚異常の方への配慮や日本色研配色体系など、色に関するより専門的な知識を学びたい人にオススメの資格です。

3つの資格はいずれも取得することでカルチャースクールなどで講師としての活動が行えるようになります。

受験について

それぞれインターネットから申請可能で、在宅受験が可能です。
7割の評価があれば合格です。受験料は各1万円となります。
受験日など詳しくは下記のリンクをご参照ください。

日本アロマメディカル心理セラピー協会
https://www.domap.net/

日本デザインプランナー協会
https://www.designshikaku.net/

日本インストラクター協会
https://www.jpinstructor.org/

合格をめざして

それぞれの資格には合格に向けた数多くのスクールや講座があり、通信教育の講座も豊富にあります。ネットで「カラーセラピー 通信講座 ランキング」や「カラーセラピー 資格」などの検索ワードで調べると、通信教育やスクールに関する情報がすぐに出てきます。
どちらも人気がある資格ですので、検索するといろいろなサイトが上がってきます。
値段や内容も様々ですので、それぞれのサイトの口コミなどの評判を比較し、よく調べた上で自分に合った、楽しく学べるものを選ぶと良いでしょう。

それぞれの資格は取得を通じて色の知識や特性をより深く知ることができます。
色の持つ効果や性質を理解することで、心身のバランスを理想的な状態にすることが可能です。
そういったカラーセラピストの技能は多くのビジネスシーンで役に立ちます。
カラーセラピー  カラーセラピー