評判

色を科学的に理解して口コミ評判の高い色彩インストラクター認定試験を受けると素晴らしい未来が開けます!

諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

色彩インストラクターという資格はご存じでしょうか?日本インストラクター協会という団体が定めている色相などがあるのですが、それらの知識を理解して「色彩インストラクター認定試験」という試験を日本インストラクター協会で受験し、合格できれば色彩インストラクターになることができます。

現代はパソコンやスマホを持つ人が増えていて、その画面を見ている間のストレスや感覚の麻痺なども問題になっています。ですので、色相や彩度、明度の3つ(いわゆるHSVモデル)を踏まえた色彩を理解している資格である色彩インストラクターは口コミ評判でとても重宝されているのです。

色が生活に及ぼす影響

色の三要素など、美術の時間で習ったことがあると思います。でも、学校で習っただけで大人になってからは忘れてしまう人が多いようです。でも、実は色のことをよく理解しておくことで、あなたの生活がぐんと楽になるということはあまり知られていない事実です。

まずは、色彩インストラクター認定試験に合格することで、あなたの生活のストレスを軽減させ仕事や生活にゆとりをもたせることから始めてみませんか?

そして、あなたの生活空間の色彩を変えることで得られた効果を色彩インストラクターの仕事に生かしていけば、あなたが口コミ評判の高い色彩インストラクターになるのは間違いないでしょう。

HSVモデルについて

色彩についてより深く理解するには、「HSVモデル」というものを知ると良いです。ちょっと難しい理論ですが、これを知っておくと色彩インストラクター認定試験の合格が近づいてきます。

個々では簡単に、色の3要素である「色相」「彩度」「明度」について述べてみます。

色相

色相は赤、黄、緑、青、紫といった色の様相の相違でする。色と色との関係と言い換えて良いでしょうか?学校の美術の時間で習われたかもしれませんね。これを把握しておくことで相手に適した色の波長を提案することができます。

彩度

色の鮮やかさです。光の当たり具合のようなものですね。どれだけくっきりした色かということです。

明度

文字通り、明るさです。白っぽいか黒っぽいかということですね。

以上のようなことを知っておくと、あなたが色彩インストラクターになったときにいろいろ役立ちます。

例えば、相手が落ち込んでいる場合には明るい色を、落ち着きたいときには心を静める色を、というようなアドバイスができるのです。さらに、色彩インストラクターが口コミ評判になっている要因として、色覚異常の方に配慮した配色ができることがあげられます。

色覚異常の方に配慮した配色を理解しよう

小学校の頃に「色覚異常」というものが自分のころにはありましたが、今では廃止されているようですね。色覚異常の人が就職などで不当に差別されているという批判があったかららしいですが、染色体の劣性遺伝により、男性で20人に1人、女性で500人に1人の割合で現れるともいわれているそうです。

そして、色覚異常の人は若干色の見え方が違うだけでそれさえ克服すれば普通に日常生活を送ることができるのです。近年では、色覚異常がある人に配慮したウエブページがひろまっているようですが、まだまだ理解は不十分だそうです。色覚インストラクターの役割にはそのような知識の啓蒙も含まれているのです!

そう考えると、色彩インストラクター認定試験を受けることであなたが活躍できる場はたくさんありそうですね!