評判

色で相手を癒すと口コミ評判になっているカラーセラピーを極めるためにカラーセラピー資格試験

色彩

普段、あなたは身のまわりの物の色にどのぐらい気を遣っておられますか?普段から気分が落ち込んでばかりいる人は、もしかしたら身のまわりの色に原因があるかもしれません。

そんな日常なにげなく目にしている色に焦点を当て、色彩を変えるなどするだけで癒やしの効果があると口コミ評判のカラーセラピーという資格があるのをご存じでしょうか?

ある人がカラーセラピーを受けただけで、それまで周りから地味でつきあいづらいと思われていたその人が見違えるほど明るく快活になったというケースがあるのです。

カラーセラピーになるには?

そんなカラーセラピーになるには、日本アロマメディカル心理セラピー協会でカラーセラピー資格試験を受け、合格するのがおすすめです。資格取得後、カラーセラピーの資格を生かして働いている人もいて、口コミ評判になっています。

色彩のもたらす効果は多くの人が実感しているとは思いますが、例えば「今日のラッキーカラーは?」というようなおまじないの類いではなく、れっきとした心理学として色彩のもたらす効果について知識をもっていることが必要です。

また、相手の状態に合わせて適切なカラーセラピーを行う必要もあります。相手の性格や社会的地位、体調や病歴などもふまえながら、相手にあった色による癒やしを提案する必要があるのです。

簡単な診断方法

具体的なカラーセラピーとはどのようなものでしょうか?まずは色について深い理解が必要ですね。そして、色がどのように影響を与えているかを探ることから診断が始まります。

どの色にもプラスの面とマイナスの面とがあります。例えば青はおちつきがある色なので、冷静な判断ができ自分を客観的にみつめることができます。その一方で、気分が内に内にこもってしまいがちで、内向的な気分になってしまうこともあるのです。

相手を少し落ち着かせるためには青を相手に提供することが大事ですが、相手をもっと社交的にしたいのなら青を提供するのは逆効果になってしまうのですね。

相手に足りない色を提案する

口コミ評判の高いカラーセラピーを行えるようになるために、さらにくわしく相手に応じて適した色を提案する方法を学んでおきましょう。

まず、簡単な心理テストで相手が何色を欲しているかを探ります。(例えば、「あなたは今、何色のジュースがほしいですか?」など」

相手が赤を選んだなら、体が疲れていて活力を欲している可能性が高いです。赤い服やアクセサリーをつけることをすすめましょう。また、食べ物も赤いもの、たとえばトマトやいちご、キムチなどを食べるようにすすめると元気がでるでしょう。

相手が黄色を選んだなら、ストレスがたまり頭がもやもやしていると思われます。そういうときは頭をすっきりさせるために黄色の小物を机などに置きましょう。柑橘系のレモンなどの香りも効果的です。

相手が青を選んだのなら、人間関係に疲れているかもしれません。いいたいことがいえず悩んでいるようですね。そんな時は海や空を見たり、それが難しければ写真や映像を見ると悩みが徐々に癒されていきます。

相手が緑を選んだら、緊張しすぎが原因です。目の疲れもありそうです。部屋を緑を貴重としたものに模様替えするのが一番良い方法です。

いかがでしたか?カラーセラピーをあまり難しく考えずに、どんな色を相手に与えたあげれば相手がハッピーな気分になるかな?と想像しながら行うのが口コミ評判が発生する秘訣です!
カラーセラピー  カラーセラピー