評判

緑茶インストラクター口コミ評判

緑茶インストラクターとは

緑茶インストラクターとは、日本インストラクター協会が主催する、認定試験に合格した人に与えられる民間資格です。お茶に関する、幅広く深い知識を持ち、日本茶に深く関わりのある偉人や歴史についての見識も備え、様々な茶器や道具、茶葉の淹れ方や蒸し方、管理の仕方など、またお茶を使った料理などにも精通して、人に教えることができる人に与えられます。

 緑茶をもっと豊かに楽しむ

緑茶は日本の歴史や文化、美学にとても深く根付いているものです。茶道具ひとつを取ってみても、精巧な利便性だけではなく、味わいのある芸術性も備わっています。その道具を使いこなす事も含めて、作法や立ち居振る舞いが、ひとつの芸術的な文化として確立されています。緑茶インストラクターにも、これらの茶文化の世界に精通し、人に伝える事ができる能力が求められます。

また、茶葉を使った佃煮や天ぷら、おひたしや茶飯などの茶料理に触れ、レシピを会得する事も、緑茶インストラクターに必要な知識です。緑茶の世界の奥深さと、楽しみ方の幅広さを、同時に習得できる資格が緑茶インストラクターだと言えるでしょう。

試験概要

緑茶インストラクターになるには、緑茶インストラクター認定試験を受ける必要がありますが、受験資格は特になく、誰でも試験を受けることができます。しかも自宅で受験できるので、忙しい人でも、移動が大変な人でも簡単に受けられます。

インターネットで申し込みをすると、受験票や答案用紙が送られてくるので、試験期間内に自宅で試験を受けます。そして解答した答案用紙を郵送して提出します。合否の知らせは1ヵ月後くらいに来ます。

受験費用は1万円。試験はだいたい2ヶ月に1回の頻度で行われているので、受験者の都合のいいタイミングで試験に臨めます。合格するためには70%の正解が必要ですので、緑茶インストラクターとして十分な知識が備わってきた段階で、受験してみましょう。

緑茶インストラクターになるために

緑茶インストラクターになるためには、たくさんの専門知識を身につける必要があります。緑茶に関する専門書を読み漁ったり、ネットを通じて様々な情報を集めながら独学で学ぶ方法や、緑茶の講座や教室に通って、専門知識や技能を学ぶ方法もあるでしょう。

日本インストラクター協会は、人に教えることのできる人材の育成を支援している団体ですが、学校ではないので、教室も講座も開いていません。しかし、諒設計アーキテクトラーニングというスクールが、緑茶インストラクターに必要な学習の通信講座を行っています。『日本茶セレクターW資格取得講座』というコースで、日本茶にまつわる様々な知識や、文化の背景を学びながら、「緑茶インストラクター」と「日本茶セレクター」の2つの資格の取得を目指すものです。専門的なお茶に関する知識を段階的に学べるので、緑茶について学習法の、選択肢のひとつとして考慮してみてもいいかもしれませんね。

口コミ評判

「とにかく日本茶が好きなのでこの資格を取りました。緑茶を使った佃煮や茶飯も作れるようになり、お茶の楽しみが広がりました。」「日本茶のカフェを営んでますが、最近は外国のお客様も多いので、改めて勉強して、おもてなしや説明に活かしています。」「緑茶を使った料理のレシピを習得するうちに、料理教室でお茶料理の講義をする事になりました。」「日本人として、礼儀作法に則った立ち居・振る舞いが、自然とできるようになりました。」など、趣味の世界を深めたり、実際に仕事に活かせるなどの声が多く聞こえてきます。

緑茶インストラクターの資格取得後は、カルチャースクールの講師としての活動もできるでしょうし、お茶屋さんや飲食業での仕事にも活かせますし、日本文化の担い手としての情報発信もできるでしょう。緑茶を通じて日本の心を知り、その世界を人に伝える事のできる、緑茶インストラクターにチャレンジしてみませんか?