評判

紅茶資格口コミ評判ランキング

紅茶

紅茶は、テーブルコーディネートや、カップ&ソーサにもこだわりがみえるため、コーヒーの資格よりも少し敷居が高いように感じるかもしれません。茶葉の種類や、ブレンドなど、紅茶についてだけでなく、ティーパーティーの方法等も知識として
習得しておく必要があります。紅茶の楽しさは、そうしたテーブルコーディネートから考え、カップ&ソーサを選んでおもてなしすることが、楽しさであると思います。

1位 紅茶アドバイザー

日本安全食料料理協会主催の資格になります。紅茶の知識や紅茶の淹れ方などの技能を有した方が認定される資格です。茶葉の分類、生産地や効能などの紅茶の基礎知識、カップ&ソーサについての知識、紅茶の淹れ方、オリジナルのブレンドまで紅茶に関する知識や技術など幅広く紅茶について学ぶことができます。紅茶をもっと知りたい方、自宅で、美味しい紅茶を飲みたい方におすすめの資格です。紅茶アドバイザー資格詳細

2位 紅茶マイスター

日本安全食料料理協会主催の資格になります。紅茶オーナーのとしての知識や、それを実務で活用できる能力を有していることを認定する資格になります。これから紅茶オーナーとして開業を考えている方、また飲食関連企業で働きたい方に適している注目の資格になります。紅茶オーナーとしての運営の知識や、マーケティングの基礎知識、開店の準備としての店舗ティールームの内装などを学んでいきます。美味しい紅茶を出すだけではなく、商品やサービスの追求もしていかなければなりません。紅茶を趣味としてではなく、仕事として始めたい方にはチャレンジしてほしい資格です。紅茶マイスター資格詳細

3位 ティーインストラクター

日本紅茶協会が主催する資格です。協会で開催される養成研修コースを受講し、資格認定を取得した方が得られる資格です。
紅茶の知識を深め、紅茶の淹れ方、フレーバーの選定、紅茶の楽しみ方やティーパーティーの開きかたを学ぶことができます。資格試験制度に合格した者は、ジュニア。その後、5年以上の実務経験を行い、認定試験をパスすると、シニアとなることができます。そして紅茶業界で10年以上の実務経験と日本紅茶協会の委員会で人格、識見、実績が認められた方にはマスターとして認定されことになります。

4位 紅茶コーディネーター

日本創芸学院が主催する資格です。その名の通り、紅茶の入れ方、茶葉の選定、品質を鑑定するためのテイスティングなどの専門的な分野まで学ぶ事ができます。また、紅茶に合うお菓子の作り方、ティーパーティーのセッティングや演出まで、環境づくりのコーディネートができるようになります。紅茶の知識と、技能を身に付けたスペシャリストの証明となります。お湯の注ぎ方の基本、ダージリン、アッサム等の茶葉の選定、おいしい紅茶を飲む事ができるようになり、紅茶のさまざまなバリエーションを学ぶことができます。

5位 ティーコーディネーター

リプトンが主催する認定資格。紅茶メーカーとして有名な会社が主催の資格になります。英国紅茶の歴史や文化、紅茶の淹れ方の基本、紅茶のテイスティングやティーパーティーの開き方、テーブルセッティングを本格的に学ぶことができます。
1講座を4日間で学ぶことができ、初心者の方でもスタートしやすい資格になります。講座の開催が銀座ということもあり、遠方の方は、参加することが難しいのが残念なところです。紅茶に対して興味があり、気軽に学べることができ、同じ趣味同士の友人も作りやすく新たなネットワークを作るチャンスも広がります。紅茶好きな方々と交流しながら楽しく学べます。

6位 ティースペシャリスト

日本能力開発推進協会が主催する資格です。茶葉の産地、種類に関する知識、紅茶の淹れ方の技術を有する方が得られる資格です。飲食関係の方や、紅茶好きな方が紅茶の知識を深めるために学んだりもします。
紅茶  紅茶