評判

簡単な資格口コミ評判ランキング

諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

誰にでも得意不得意があります。興味のあるものや、得意なことで資格を取るのが、勉強や技術の吸収力も早いはずです。好きなものを極めて、それを仕事や副業にしてみてはいかがでしょうか。初心者から始められる資格を探してスタートしてみましょう。

1位 鉛筆デッサンマスター

日本デザインプランナー協会が主催する資格で、デッサンの理論や技術を理解し、技術を有した人に与えられる資格になります。鉛筆デッサンは、描く対象となるものを、描きやすい単純な形ものからスタートし、光と影をうまく利用し、立体感を出す技法を学びます。ファッション、インテリア業界、建築関連のデザイナー、アニメーション、イラストレーターなど、デザインや絵を仕事にしている専門職などの方が、企画、提案でデザインする際に、使われるデッザンの技法です。クリエイターたちが、実務の中で鉛筆デッサンの能力を発揮しています。デザイナーや、クリエイターを目指してている方など、鉛筆デザインとして、基礎から学んでいくので、美術系の仕事をしてみたい方、鉛筆デッサンに興味がある方にもおススメの資格です。

2位 POPデザイナー

日本デザインプランナー協会が主催する資格になります。POP広告のデザインに対する一定以上の知識を習得していることが必要です。POP広告とは、お店側からお客様に、商品アピールをし、メッセージを伝える大切な情報源となるものなのです。POP広告のデザインは、興味のある方でも、基本的なことから学ぶことができるため習得しやすいデザインです。資格取得後は、デザイン会社、小売店、スーパー、百貨店、ドラックストア、など多くの業界で、商品のPOP広告の担当やデザイン担当として活躍することができるかもしれません。また、自宅やカルチャースクールで講師として活躍することができます。

3位 カラーアドバイザー

日本デザインプランナー協会が主催する資格になります。たくさんの色によって、わたしたちは、が感じる印象は違ってきます。それは、色によって心理的作用にも大きく影響しているのです。色による性質や特質を理解し、その洋服や商品、お店に合ったカラーを心理的療法としてとアドバイスしてくのが、カラーアドバイザーの仕事になります。カラーアドバイザーとして、色の見え方、特質、配色の技法など基本的な知識から学ぶので、カラーに興味がある方にでも、簡単に始められます。
資格取得後は、ファション関係、インテリア、プロダクト、建築業界など多くの業種で、カラーアドバイザーの仕事を活かす事ができるようになるでしょう。

4位 キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)

日本デザインプランナー協会が主催している資格になります。制作の基本や、材料、各種キャンドルの特徴などの基本的知識を習得し、制作の工程を取得した人が有する資格です。
基礎から学べるので、初心者からでも比較的簡単に始めれます。今や雑貨店などで様々なキャンドルが、商品として販売されています。日常の中で、キャンドルを楽しむことで、癒しや、心地の良い雰囲気、心の落ち着きを取り戻せるからです。キャンドルのベーシックな形としては、円柱、立方体、球の形をしたもの、水に浮かべて使うフローティングキャンドル、グラスや陶器に入れて作るグラスキャンドル。道具の使用方法、キャンドルの使い方を、基礎から学び、色や香りの付け方など、バリエーション豊かな作品を作ることができるようになります。

5位 スパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)

日本安全食料料理協会が主催する資格になります。スパイスに関する総合的な知識を基礎から学び、スパイスの歴史やス種類、スパイスを有効活用できる人に認定されます。
スパイスには、様々な効用があります。ターメリックは、消化作用や新陳代謝の活性をよくする効果があり、シナモンには、殺菌効果、ショウガには、発散、解熱、保温、など日常で、使用されている多くのスパイスには、様々な有効な働きがあるのです。このように知っているようで知らないスパイスの効用を知るだけでも、楽しく学ぶ事ができるでしょう。
日々の自己管理のために、家族や友人のアドバイスなど、食事や飲み物として、取り入れてみてはいかがでしょう。スパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)として、飲食業界で資格を活かしたり、スクールの講師などで活躍することができます。