評判

管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

食育

管理健康栄養インストラクター認定試験とは?

日本インストラクター協会が主催している認定試験で、食品や栄養素に関する深い理解を持ち、食と栄養を通しての健康な身体作りについて、人に教える力が十分に備わっている事を証明する資格です。
具体的に問われる内容は、ビタミンやミネラルなどの、食材から得られる様々な栄養素がどのように身体に働くのか、また人体の腸内にある細菌の働きと身体への影響についてなど、食材に含まれる栄養素や食品の表示に関する知識と、栄養素と健康に関する深い理解力と応用力を持ってる事が求められる内容になっています。
認定試験を行っている日本インストラクター協会は、各分野の専門知識を持った人々が、インストラクターとして人に指導できる、高い技能や見識を持っている事を認定する機関です。認定試験を合格する事で、人材育成のプロとして認定されるわけです。資格を取ると、個人教室やカルチャースクールなどで、食と栄養に関する講師としても活動できるようです。

試験の概要

試験を受けるためには、特に資格は必要ではありません。どなたでも受けたい時に受験できます。受験費用は1万円です。インターネットから申し込みをして、受験票や試験問題を送ってもらいます。試験会場は自宅です。試験期間内に解答して、提出期限までに解答用紙を提出すればいいので、気分的にもリラックスして受験できます。

試験はおおよそ2ヶ月に1回のペースで行われているので、自分のいいタイミングで受験できます。正解率が70%以上で合格となります。70%という数字はハードルが高く感じられるかもしれませんが、食の栄養と健康について人に教えられるだけの知識が備わっていれば、そんなに難しくはないはずの問題なので、しっかり知識が身についた時点で受験にチャレンジする事をおすすめします。合否が判定するのは、提出後1ヶ月位してからです。

食と栄養についての専門知識を得よう

受験をするにあたって知識を得るためには、管理栄養学や食材に関する書籍を読んだり、インターネットを活用して情報を集めるなどして独学に励んだり、栄養学の講座を受けたりと、勉強の方法は様々あるでしょう。日本インストラクター協会は、認定試験を行ってはいますが、講義を開いたり、通信教育をしているわけではありませんが、「諒設計アーキテクトラーニング」という通信スクールが行っている通信講座に、非常にピッタリの内容のものがあります。

『食育健康アドバイザーW資格取得講座』というもので、食育の基礎知識や食と健康の関係性、栄養学について学びながら、「食育健康アドバイザー」「管理健康栄養インストラクター」の2つの資格の取得を同時に目指せる、という講座です。食育や栄養学に関するカリキュラムがきちんと組まれていて段階的に学習できるようなので、知識を得るための勉強の選択肢のひとつとして考えてみてもいいかもしれませんね。

口コミや評判

「子供が通ってる学校で講義をしています。」「自宅で受験できるので、育児しながらでも挑戦でき、助かりました。」「受験できる機会がたくさんあるので、マイペースで勉強できました。」など、試験の手間隙の自由度の高さが好評なようです。また身近な友人に対しても、ブログやSNSで発信する際にも、的確な知識と情報を伝えられるようになった、との声もあがっています。

身近な食の知識の専門家として

誰にとっても身近な食を通して、栄養と健康について考える事は、近年ますます多くの人の関心を集めるようになっています。管理栄養学の知識を得る事で、自らの毎日の暮らしに大きなプラスになる事はもちろん、身近な食と栄養の専門家として、周囲の人から頼りになる存在になれるでしょう。食に関する職業に就く際にも、アドバンテージとなる事は間違いでしょうし、教育や介護、福祉の現場でも能力を発揮できる場面は、これからますます多くなる事が予想されます。身近な知識で自分のためにも、人のためにもなれる資格、皆さんもチャレンジしてみてはいかがですか?
食育  食育