評判

空間デザイン資格口コミ評判ランキング

空間

建築やインテリア雑貨が好きで、空間デザイナーになってみたいと思っている人にとって、どのようにして空間デザイナーになれば良いのか。空間デザイナーにとって、一番大切なのは、創造する力です。そして、創造力を豊かにするために、聞く、話す、考えを表現する力、コミュニケーション力が必要になります。また、デザインについて議論したり、作品の理論やデザインについて、歴史や時代の流れについて考える能力が必要になります。

1位 空間ディスプレイデザイナー

日本デザインプランナー協会が主催する資格になります。陳列の知識、技術から色彩、照明、演出、配置技術など様々な知識を有している方に認定される資格です。空間デザインとしての知識、技術を基礎から学んでいき、店舗のショーウィンドウ、
ショップに商品を、どのように置けば魅力的なものに見せられるか、ディスプレイの演出により、さらに商品価値を消費者に見せるために、工夫し陳列していくことが大切になってきます。消費者が、入りたくなる、目に留まり、商品を手に取る場所として最適な場所を、感性と知識によって配置していきます。
空間ディスプレイデザイナー資格詳細

2位 住空間収納プランナー

2009年に誕生した資格。住まい、環境、ものに対する考え方、ヒアリングの分析の方法など基本的なプランニングの知識を身につけた方が得られる資格になります。収納方法のアドバイスや、家具の提案、最も使いやすい間取りを提案したり、ベストの収納方法を提案し、快適に暮らせるプランをアドバイスすることができます。自分の家の空間をよりよい快適な空間にしたい方にもおススメな資格です。インテリア関係、建築会社、設計事務所、ハウスメーカー、リフォーム会社に携わるかたなどは、より専門性を高めるためにもおススメの資格です。

3位 TALK食空間コーディネーター

食空間コーディネーター協会が主催する資格になります。食の空間、生活文化の向上のための空間演出の能力を有している方に認定する資格になります。協会は、「日本の食卓、食空間、生活文化を楽しく、美しく、快適に変えて心豊かな暮らしを目指します」というスローガンを基本とし運営されています。食事をする空間は、幸せに感じるひとときでもあり、快適な空間プロデュースが必要になります。TALK食空間コーディネーターは、ホテル、レストランでのプロデュース、食空間のプランニング、テーブルウェア製造、販売業界での商品企画のアドバイザーとしても活躍することができます。

4位 空間プランナー

日本能力開発推進が主催する資格になります。インテリアの商品、部材、販売、情報などの基礎知識を有している事を認定する資格になります。インテリアの知識やコーディネートを提案できる、住環境の空間プランニングのプロの専門家です。顧客の要望や理想的な空間を実現するために、ヒアリングをじっくりと行い、空間プランニングをしていく必要があります。また、住宅に関する専門知識を備えていることが必要であり、住宅メーカーやインテリア業界などで働いている方の職務能力をアップさせるためにも、おススメの資格になります。
空間デザイン  空間デザイン