評判

究極のメンタルケア、音楽療法の資格を取ろう!

音楽療法士

何かとストレス要因の多い現代において、音楽によるリラックス効果を用いた心理療法の一環として「音楽療法」が注目を集めています。
音楽をインテリアとして捉え、日常に癒しの空間を作り出すことが目的なので、「音楽療法士になりたいけど、楽器演奏はそんなに自信がない」という人でも資格取得には問題なく、誰もが音楽療法士になれます。
今回は音楽療法士に関する資格についてまとめます。

音楽療法に必要な資格

音楽療法に関する資格には様々なものがありますが、受験資格が誰にでもあり、知識を深められ、実用的なオススメの資格は、日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が認定する「メンタル心理ミュージックアドバイザー」と、日本インストラクター協会(JIA)が認定する「音楽療法インストラクター」という資格です。

メンタル心理ミュージックアドバイザー

メンタル心理ミュージックアドバイザーとは、リラックス要因としての音楽の利用方法を知り、人を心理的な側面から学び、心が体に与える影響を考え、心と身体に対する音楽の効能・作用を理解した人に認定される資格です。
音楽のリラックス効果を学ぶことができ、ストレス解消や健康維持に役立ちます。
資格を取得することで自宅やカルチャースクールでの講師活動が許可されます。

音楽療法インストラクター

音楽療法インストラクターとは、音楽の歴史や効果などの知識を持ち、日常生活における音楽の役割や空間における音楽の利用方法を身につけた人に認定される資格です。
音楽の空間利用を学ぶことができ、自宅やオフィスなどでリラックスした空間作りをしたい人に人気があります。
こちらも資格取得後に講師活動が許可されます。

受験について

どちらもインターネットから申請可能で在宅受験が可能です。
7割の評価があれば合格です。受験料は各1万円となります。
受験日など詳しくは下記のリンクをご参照ください。
https://www.domap.net/

https://www.jpinstructor.org/

合格をめざして

どちらの資格にも、合格に向けた数多くのスクールや講座があり、通信教育の講座も豊富にあります。ネットでそれぞれの資格について「音楽療法 通信講座 ランキング」や「音楽療法士 資格」などの検索ワードで調べると、通信教育やスクールに関する情報がすぐに出てきます。
「メンタル心理ミュージックアドバイザー」「音楽療法インストラクター」は、それぞれ人気の資格なので、検索するといろいろなサイトが上がってきます。
値段や内容も様々ですので、それぞれのサイトの口コミなどの評判を比較し、よく調べた上で自分に合った、楽しく学べるものを選ぶと良いでしょう。
ピアノなどの音楽教室でアドバイスを受けることもオススメです。

音楽療法士はライフスタイルの中での音楽の役割や重要性を考えるプロフェッショナルです。
資格取得をして日常での音楽の役割を学び、より良いリラックス空間づくりを目指しまししょう。
音楽療法  音楽療法