評判

福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

福祉

福祉心理アドバイザーとは、福祉と心理学に精通し、さらに人に教える技術があると認められた人たちが持つ資格です。日本インストラクター協会(JIA)が年に六回の試験によって認定し、現在は福祉の分野に限らず様々な職場で活躍をみせています。心の病と無関係ではいられない多くの人たちにとって、欠かせない存在となっているのです。
自らの知識を他者に教えられることこそ、福祉心理アドバイザーの持つ一番の特徴です。現場の仕事を経験し、そこで得た知識を発信することで、同じ仕事を夢見る人たちの講師として活動ができます。自ら教室を開業したり、カルチャースクールで仕事をしたりできるので、福祉心理アドバイザーの資格が新しい道を切り開くきっかけになるかもしれません。

【教える立場から福祉の世界を見渡せる】

心理カウンセリングなどで福祉や社会と関わりを持つことになると、様々な心理学知識はもちろん、福祉に関する積極的な学びを推奨されることがあるでしょう。その経験と結果によって身についた能力を活かすのなら、福祉心理アドバイザーの資格は心強い味方になります。
教える力が身についていると実感できれば、今後の活動の幅が広がり、雇用する側もその能力に期待を持つことができます。現場で活躍するだけでなく、教育の立場から福祉の世界を考えることで、新しい知識を吸収しようと努力することができるでしょう。

まだ就労経験がなく、現場と講師のどちらが自分に合っているのかわからない人にも、福祉心理アドバイザーはお勧めできます。人にはそれぞれ適性があります。現場で人と話すことで実力を発揮する人もいれば、講師として誰かに教える方が自分らしく働くことができる人もいるでしょう。

いずれにせよ福祉心理アドバイザーの資格を取得することで、選択肢は広がります。それは今現在のあなたの足元を照らし、今後を考える最高の瞬間になることは間違いありません。

【後進の人たちのために、その知識を活かせる】

介護や福祉の現場で体験したことは、あなただけのものです。しかし少しでも誰かのために役立てるものがあるのなら、発信していくことが一種の義務と考えることができるかもしれません。

今や福祉施設は日本中どこにでもあり、今後も増えていくことが考えられます。それぞれの施設で得られる知識にはばらつきがあり、それは固有の資産となるでしょう。福祉の経験はあなただけのものであると同時に、世界であなたにしか教えられないものでもあるのです。講師として働く意味は、それだけで十分でしょう。

知識や経験を多くの人と共有することで、福祉業界のレベルは上がっていきます。現場にある生の声を伝え、対処と活用する技術を教えていけばやがて多くの問題が改善されていくでしょう。

カウンセラーとして働きたい、知識をつけて私生活に役立てたいという人は、これからも増えます。だからこそ、それを育てる能力を持つ人が重宝されるのです。後進を育成することに興味があるのなら、福祉心理アドバイザーの資格が活きる日がきっと来ます。

【長期のライフプランを考慮するなら資格が重要】

多くの人のメンタルをケアし、相談に乗ってアドバイスをする生活は、やりがいがあると同時に大変なことでもあります。長期のライフプランを考えたとき、どこかで人生の舵を大きく切る必要に迫られることもあるでしょう。そんなとき、講師として生きる道が開けていれば、心の支えとなることは間違いありません。

日本インストラクター協会によって教える力を持っていると認定されていれば、その選択はより具体的なものとなるでしょう。福祉心理アドバイザーの資格は、いざというときあなたを助ける救命具となるかもしれません。

知識を現場で活かし、その後は経験を頼りに講師として生きる。そんな人生プランを想像することもできます。若い頃は社会に携わってばりばり働いていたけど、年齢を重ねたら後進の育成に興味が出てきたという人もいるでしょう。知識を役立てる方法は、決して一つではありません。その多様性は資格の取得と、あなたの意思で広がっていきます。

福祉心理アドバイザーの資格を活用して生きる自分を、一度は想像してみましょう。そしてその姿に納得できたなら、ぜひ取得を目指してみてください。在宅での受験なので、気負わずにチャレンジすることができますよ。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー