評判

睡眠・快眠・安眠資格口コミ評判ランキング

睡眠快眠

毎日の睡眠は、理想は6〜7時間の睡眠をとることです。人は、そもそも太陽が昇ると起き、沈むと眠るというリズムになっています。睡眠は、一日の活動を始めるためにも、とても大切な時間です。睡眠が短い現代人にとって、睡眠不足は、勉強や仕事の効率を下げてしまいます。4人に1人が眠りに何らかの悩みを抱えている現状があります。悩みを改善し、睡眠の質を高めることは、仕事や生活の質の向上にも繋がるのです。眠りは生活習慣と深い関わりがあるので、その睡眠の妨げになっている原因を、一人ひとりに合わせた改善策をアドバイスしていくのが、睡眠に関する資格になってきます。まずは、自分の健康管理のため、そして家族の健康のために、資格取得を目指したい方にもおすすめの資格です。

1位 美快眠セラピスト

日本アロマメディカル心理セラピー協会認定の資格になります。理想的な睡眠は、健康な身体をつくり・美容・生活のリズムにとても大切な役割を果たしています。美快眠セラピスとは、睡眠の原理や、様々な睡眠障害を理解し、その人の悩みに沿った、最適な睡眠方法のアドバイスを行っていきます。ストレスなどの精神的なものなのか、環境のせいなのか、また今使っている寝具が合っていないのか、等日頃の生活をヒアリングし、いろいろな側面から診断してアドバイスしていきます。
専門のサロン、医療機関、福祉施設や、寝具店などで活躍の場を広げることができます。
美快眠セラピスト資格詳細

2位 安眠インストラクター

日本インストラクター協会による認定資格になります。安眠インストラクターは、安らかに熟睡できること、快適な眠りに導く事をアドバイスすることができます。睡眠を阻害させる要因としては、疾病や、ストレスによる心理的要因、そして、騒音等の環境的要因の大きく分けて2つあります。人それぞれの要因にあわせて、具体的睡眠環境を整え方、リラクゼーションの方法を提案していきます。寝具、いびき、はぎしりに対応する商品、ハーブやアロマ、音楽などでリラックスする方法などアドバイスしていき、眠りに関して幅広い知識と総合的な知識が必要になってきます。
安眠インストラクター資格詳細

3位 睡眠健康指導士

日本睡眠教育機構が主催する資格にります。睡眠知識の正しい習得と会社や社会で、正しい睡眠知識の啓発や、相談できる人を育成できる目的でできた資格になります。指導士になるためには、各地の指定された会場で、睡眠健康指導士に関する講義を受けて睡眠知識を習得し、講義修了後の認定試験に合格した後、資格を取得できるようになります。健康のために睡眠の質を高めるために、改善策をカウンセリングをしながら一人ひとりに合わせて、提案していきます。日頃の眠りにつけないと日々悩んでいる方に、どうした方法があるのかなどのじっくりと相談しながら、具体的なアドバイスができるようになります。

4位 CSAスリープケアインストラクター

日本快眠協会が主催する資格になります。睡眠ができる身体づくりのために、足裏快眠法や、リラクゼーションを促すアロマグッズの作成などを様々な改善策の対処方法を学ぶことができます。アロマやストレッチなどを使って、身体の中の緊張や疲れをほぐしていき、眠れる身体づくりを目指していくアドバイスができます。睡眠に関する基礎知識、リラクゼーションの重要性、睡眠のセルフケア方法などを学んでいきます。スリープケアインストラクターの資格は、初級からスタートし、1級インストラクターになると、講座を開講することができるようになります。寝具販売店、販売員、セラピスト、スポーツトレーナー、看護師、保健士、介護士の方も、仕事に活かせる資格なります。

5位 CSAスリープケアセラピスト

日本快眠協会が主催する資格になります。日本快眠協会の独自のリラクゼーション方法や技術を習得していることを認定する資格になります。エネジースポット、施術、眠りのコンディショニングを整えていき、ケアしていく仕事になります。眠れる身体づくりに必要なリラクゼーションを提案していくことができます。睡眠に関する知識だけではなく、セルフケアアロマテラピーの選び方などについて様々な方法を学ぶことができます。また、施術方法に合わせた、オリジナルブレンドでアロマグッズを作成する方法も学ぶことができます。眠りの身体づくりをリラクゼーションの方法から学びたい方におすすめの資格です。
睡眠  睡眠