評判

発酵食品資格人気ランキング

発酵食品

発酵食品には納豆や豆腐など、日本で太古の昔から庶民に親しまれてきたものが非常に多くあります。一般的な朝食だけではなく、料亭など高級な場でも出される食材も多く、日本人であれば発酵食品に関して性格な知識や調理技能を持っていれば、健康や美容の促進ができる他に、毎日の料理を健康的かつ文化的に楽しむことができるようになるでしょう。そんな発酵食品に関する認定資格を行っているものを、ここでは紹介していきます。

1位 発酵食健康アドバイザー

日本インストラクター協会が認定試験を実施している、発酵食品関係の資格です。この資格では発酵食品と、その発酵食品を用いた料理や食材について、資格習得の過程で学ぶことができ、さらに資格の取得ができれば、アドバイザーや講師として活動ができるようになる資格です。発酵食品はどうやってできるのか、その発酵の過程で食品はどんな栄養を持ち、取扱にはどんな注意が必要なのかなど学ぶことができます。乳酸菌やアルコールの発酵現象、菌や微生物についてもしっかりと性格な知識を学ぶことができるので、自家製の発酵食品を作って楽しみたい、食べたいという人にとっても有用な資格と言えるでしょう。糖化発酵、乳酸菌、納豆菌、酵母菌、麹菌と言った有名な菌も学んでいけます。

2位 有機美容発酵食品マイスター

日本安全食料料理協会認定試験を実施している資格です。 この有機美容食品発酵マイスターの資格の取得を通して、発酵食品を食べる、料理を作る、レシピを作るなど様々な場で、自分の知識を活かして活躍していけるようになります。どんな食品の知識をこの資格で学んでいけるのかというと発酵食品の中でも調理料として利用されているみりんや醤油、酢や味噌などに精通できます。その他の食材でもヨーグルトやチーズと言った乳製品も学べますし、キムチなどの漬物も、十分に美味しく食べて加工しておくための知識を身につけられます。この資格を取得すれば、日常的に正しい知識を持って発酵食品を摂取していき、他人にもアドバイスや指導をしていくことができるようになります。更には飲食関係の仕事、食品開発の仕事、家庭科の教師としてもこれらの知識を活かしていけるでしょう。

3位 健康食コーディネーター

一般財団法人 職業技能振興会認定試験を実施している発酵食品関係の資格です。健康食品市場がどんどん開発、開拓されていく中で、発酵食品の需要はさらに高まっており、高齢者でも無理なく食べられて健康に良い影響を与える発酵食品が求められるようになっています。そこでセルフメディケーションの観点からでも発酵食品を正しく摂取し、食べる側だけではなく、取り扱う側として様々な知識を学んでいきます。どんなものが問われる資格かというと、発酵食品の歴史、栄養学の基礎、医学の基礎、健康食品に関する法令や規格といった法律面まで学ぶことができるので、多様な現場で活躍できる資格となっています。

4位 発酵マイスター

日本発酵文化協会が認定試験を実施している資格です。 発酵マイスターの資格取得においては、まず発酵食品を作る上で必要な、発行に関する知識と発酵食品文化についてよく知る必要があります。発酵教室に通って発酵食品を食べて親しんでい来、そこで上を目指していく人に発酵マイスター養成講座の受講が案内されるものになっています。さらに専門的な知識を持って他人への指導や講師として働きたい人には、発酵プロフェッショナルという上級資格も存在しています。この発酵プロフェッショナルを取得すれば、日本発酵文化協会における認定講師として活躍できる場も、協会では用意しています。

発酵食品は、高齢者や子供などにも広く食べ足られるものですが、市場の拡大とともに取扱に注意をしなくてはいけないものも時にはあります。そういったものも適切な調理をすれば美味しく食べることができるので、毎日の食生活を充実させ、楽しく食事できるようにこれらの資格の取得を目指してみれはいかがでしょうか?
発酵食品  発酵食品