評判

口コミ評判のあるキャンドル作りにキャンドルデザインマスター認定試験を受けてみよう

キャンドル

キャンドルは誕生日やクリスマス、その他何かの記念日や恋人とのデートの雰囲気作りに必須のアイテムですね。そんなキャンドルには単に見た目がロマンチックというだけでなく、身体と脳のストレスを和らげる効果があるって、知っていましたか?

そういえば、お寺にあるろうそくもお線香とかとセットで必ず置いてありますよね。

そんなキャンドルの魅力やキャンドルの作り方などに詳しい専門家に憧れませんか?それなら、「キャンドルの専門家になるならここ!」と口コミ評判の高い日本デザインプランナー協会で受験できるキャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)認定試験を受けてみませんか?

キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)認定試験に合格した人はどんなことができるようになるか、ご紹介します。

ロマンチックな雰囲気作り

まずキャンドルと言えばロマンチックな雰囲気ですよね。ろうそくの炎がゆらゆら揺れる様子を眺めるだけで非日常的な感覚を味わえます。そのゆらめきは、「1/fのゆらぎ」と呼ばれるそうです。それは人間の心臓の鼓動に近いリズムなのだとか。上手な歌手の歌声にも「1/fのゆらぎ」があるって聞いたこと、ありませんか?

きっとキャンドルの炎を見つめることで日頃のストレスから離れ、夢を見ているような気分に浸れるのでしょうね。

日常の癒し

そして、先にも述べたようにキャンドルには身体と脳のストレスを和らげる効果があります。見た目はもちろんですが、それ以外にも燃焼する際に微量の水分を空気中に放出することでマイナスイオンを発生させているのだとか!

そのようなキャンドルの効果を高くするとして口コミ評判になっているのが「アロマキャンドル」と呼ばれるものです。使われたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。通常のキャンドルに加え、良い香りが漂うためにリラックス効果が強くなるのです。

これだと、炎をつけなくても見た目や香りを楽しむことができ、インテリアとして日常的な癒やし効果が継続して得られますよね。

本当かどうかわかりませんが、犬や猫などのペットにもそのようなアロマキャンドルは高い効果があるのだとか。

こんなキャンドルもあるの?

キャンドルやその原料になるロウにはものすごくたくさんの種類があるそうです。キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)認定試験を受けるにはそのような知識も知っておく必要がありますね。

アロマキャンドルだけでなく、粘土になるものもあるのだとか。こねながら癒されるとはなかなか思いつかないアイディアですね。

その他にも口コミ評判になっているキャンドルの種類がたくさんあるので、そのうちいくつかピックアップしてみましょう

・アップルキャンドル
 ハロウィンでかぼちゃのキャンドルは聞いたことがありますが、なんとリンゴでキャンドルができるのです。他の果物や野菜でもできそうですね。

・おたまキャンドル
 お料理で使うおたまにキャンドルをのせるだけですが、癒やし効果は抜群です!

・他にも空き缶や自然の物などを使って作ることができます。キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)認定試験を目指すなら、なんでもキャンドル作りにいかせるような柔軟な発想が必要になります。

さぁ、手作りキャンドルにチャレンジ!

私は一度だけ手作りキャンドルを作ったことがあるのですが、素人なのでかなり大変でした!でも、ビーズなどを入れて世界で一つだけのキャンドルが完成し、感動しました。キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)認定試験に合格した後だったら、もっと素晴らしい作品ができたでしょう。
キャンドル  キャンドル