評判

猫資格人気ランキング

猫

今もペットとして人気の衰えない猫。近年では様々な種類の猫が飼育されており、その飼育方法も多様化してきています。猫に対する理解を深め、適した飼育方法で健やかな成長を見守れる知識を身に着けられる資格をご紹介します。

1.猫の育て方アドバイザー

猫の育て方について基礎的な知識を身に着け、人にアドバイスすることのできることを認定する資格です。毛並みの手入れの方法やえさの選び方、避妊や去勢に関する知識など猫の育て方に関する知識から、迎え入れる際に必要になる費用や飼う前に用意しておくべき道具など事前準備の知識、子猫の世話の仕方や病気など子猫についてまで幅広い知識が求められます。資格取得後は猫の育て方アドバイザーとしてカルチャースクールや自宅で講師活動を行うほか、ペットショップなどで知識を活かして働くことも出来ます。主婦の方の副業として、また、現在ペット産業で働く方にもお勧めの資格です。

2.猫の健康管理インストラクター

国内外原産の様々な猫の種類とその性格やお世話の方法、顔や見た目による特徴や育てるのに適した環境などの特性に精通した方に与えられる資格です。シャムやスコティッシュフォールド、アビシニアンといった人気の猫種からスフィンクス、アメリカンカールといった独特のお世話方法が必要になる種類、エジプシャンマウオシキャットやコーニッシュレック、ターキッシュバンといった日本ではまだまだあまり馴染みのないものの特徴まで幅広い知識を身に着けていることが必要です。資格取得後は猫の健康管理のプロフェッショナルとしてペットショップやトリマーショップで働ける他、猫の健康管理インストラクターとして自宅やカルチャースクールで講師としても活動できます。

3.キャットケアスペシャリスト

猫の基本的なお世話方法や種類ごとの特徴など基礎的なことから看護学、繁殖や出産など専門的かつ高度な内容まで幅広い範囲の知識を身に着けていることを認定する資格です。資格を取得することによりキャットケアのプロとしてペットショップやペットホテルなどで働ける他、猫専門のブリーダーとしてもその知識を活かすことができます。猫はその特性から、犬よりも世話に関するサービスがまだまだ不十分です。ですが多様化する種類や飼い主の要望に応えるためには、猫の知識を専門的に学んだスペシャリストが今後ますます必要になります。キャットケアスペシャリストは、そんな業界の需要にも合致した生きた資格と言えるでしょう。

4.キャットシッター

猫のお世話のスペシャリストとして、種類ごとの特性や性格、お世話の方法などの知識を身に着けた方に認定される資格です。資格取得には認定講座の受講が必要になりますので、受講方法や授業料、受講期間などご自身の希望に合った講座を探すと良いでしょう。資格取得後はペットショップやペットホテル、ペットシッターを斡旋しているお店や団体などで知識を活かして働くほか、キャットシッター専門のお店の開業にも役立ちます。散歩や遊びの時間などが必要になる犬とは違い、猫は放っておいても大丈夫と言うイメージからまだ専門のシッターは少ない現状です。ですので、資格を取得することによって需要の高まるシッターとして活躍できる場を更に広げられる可能性があります。また、就職やスキルアップとしてだけではなく単に愛猫のお世話スキルを上げたいという方にもお勧めです。

5.キャットフレンドリーパーソン

東京猫医療センターが監修、資格学校のヒューマンアカデミーが実施する民間資格です。プロというよりもペットとして猫を飼っている愛猫家を対象とした資格で、専門性はあまり高くありませんが、その分門戸が広く比較的簡単に取れる資格と言えるでしょう。猫の飼い方や健康管理の方法、猫の思考や性格、文化などといった基礎的な知識が殆どで、猫を飼っている方なら簡単に取得できます。この資格を取得することで知識を日常の猫の世話に活かしたり、ボランティアで猫のお世話をするときに役立てることができます。

犬に比べてまだまだスペシャリストの少ない猫。今後も多様化することが見込まれるペット事情を見越して正しい知識を身に着け、様々な場所で活躍できるよう資格取得も視野に猫と接すると良いでしょう。
猫の育て方  猫の育て方