評判

犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

現在はペットを飼うことが当たり前になっています。小さなペットから大きなペットまで色んな層の人がペットを飼うということで生きがいを感じていることも多いのではないでしょうか?そんな中ペットに関しての資格も注目されています。今回はペットに関する5つの資格をご紹介します。

1位 ドッグトレーニングアドバイザー

ドッグトレーニングアドバイザーは日本生活環境支援協会が認定している資格です。

家庭で犬を飼う時に困るのが犬のしつけです。可愛いだけでは生活を共にできないためしつけなどの基本的な知識を持つ人に教えて欲しいものです。

そこで、注目の資格がドッグトレーニングアドバイザー資格です。ドッグトレーニングアドバイザーは家庭犬のしつけについての基本的な知識やトレーニング手順などの知識が求められます。

犬とのアイコンタクト、、ハンドサインを始め誰もがやるおすわりやお手、ふせ、待て、おいでなどの基本的なしつけから甘噛み、訪れたお客さんに対する対応の仕方、室内や野外でのトイレトレーニング、散歩時のさまざまなトレーニングについての

スキルが協会が認めるレベルに到達している者に対し、ドッグトレーニングアドバイザーの資格が与えられます。

資格取得後は、ドッグトレーニングアドバイザーとして活躍することができます。自宅やカルチャースクールなどで講師活動をしたり、ペットショップや動物関連の企業で就職するときのスキルとしての資格になります。

2位 犬のしつけインストラクター

犬のしつけインストラクターとは犬のしつけに関して専門的な知識と技術を身に付け飼い主に犬のしつけ方を指導する仕事です。

犬のしつけインストラクターはインストラクターの技術力と地位の向上のためたくさんの資格を持つ日本インストラクター協会が認定している資格の一つです。

犬のしつけインストラクター資格を取得するためには、犬種によるしつけの違いを理解すること、首輪やハーネス、知育玩具など道具をつかってのしつけ方法や、犬の性格によるしつけ方法などについて学びます。また、食糞、咥えた物を離させる方法、飛びつき癖の直し方、立ち入り禁止エリアの教え方や、無駄吠えへの対策の方法など犬を飼うにあたって起こり得る犬の行動などの対処法についての知識が求められるのです。

また、飼育方法やさまざまな場所に応じたしつけの方法、マナーについての知識や犬の管理の仕方などについても学ぶことになります。
資格取得後は、犬のしつけインストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができるほか、ペットショップ、動物病院やホテル、犬の訓練所など犬関連の企業などで働くことができます。

3位 家庭犬ドッグトレーナー

家愛犬ドッグトレーナーは自宅で飼ってるペットをトレーニングする仕事です。

ペットには犬種によってもそれぞれクセがあるため独自で色々とやってもどうにもならないなんてことも。

せっかく飼ったのに、疲れてしまった……。なんて飼い主も実はとても多いのです。

そこで、家愛犬ドッグトレーナーの出番なのです。

家愛犬ドッグトレーナーは犬の育成を通じて犬と人間が心地良く暮らせるように必要なしつけを普及することが目的の

日本ドッグトレーナー協会が資格認定を行っています。

犬のことを知り、飼い主とミーティングし、犬をトレーニングしていくため、犬のこと、飼い方、コーチング能力などが問われます。資格取得後は、自身でドッグトレーナーとして活躍したり、トレーイングスクールなどでトレーニング業務に携わったり、またペットショップで働いたりと動物に関わる仕事に就くことが出来るため、動物好きの人や教えることが好きな人にはもってこいの資格です。

4位 JCSA認定「ドッグトリマー」

JCSA認定「ドッグトリマー」とは一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会が認定する資格です。一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会はJCSA公認のドッグトリマーの資格は、まずJCSA認定校でドッグトリマー養成専門講座の全過程を修了することが条件です。独学ではなかなか難しい資格なのです。トリミング技術や知識ほ他に、トリミングをしたことによる皮膚への影響などのことをしるために獣医学や皮膚学なども学ぶことになります。認定試験に合格すると、JCSA認定のマスターライセンスが貰うことができます。

ドッグトリマーになるとフリーで活躍したり、ペット関連の企業に就職したり、ペット関連の学校で後続者の育成に携わることもできるため人気の資格として注目されています。

5位 JCSA認定「ドッグトレーナー」

ドッグトレーナー資格は日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)認定の資格検定を受講した人に対してJCSA認定のドッグトレーナーとして認められることになります。

日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)は動物に関わる仕事をする技術者たちの技術と知識の向上のためさまざまな資格を出している協会です。

ドッグトレーナー資格を取得するには、しつけ全般の知識、しつけすることの意義やトレーニング方法、犬の褒め方や叱り方、命令の出し方、犬とのコミュニケーションのとりかたなどの知識や技術が問われます。

ドッグトレーナー資格は日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)認定の資格検定を受講した人に対してJCSA認定のドッグトレーナーとして認定証が発行されます。

JCSA認定のドッグトレーナー資格を取得後は、ドッグトレーナーとして働くことはもちろんですが、現在トレーナーとして仕事をしている人のスキルアップの資格にもなるため、プロとして頑張りたい人にはおススメの資格です。
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング