評判

焼酎資格人気ランキング

焼酎

おじさんの飲み物と言うイメージのある焼酎ですが、近年は若い女性にも密かに人気です。そのため、焼酎の知識を深められる専門資格も年々人気が高まっています。どんな資格があり、どんなことができるのかを人気順に見ていきましょう。

1.焼酎セレクトマイスター

焼酎セレクトマイスターは、焼酎の製造方法や米・麦・芋などの原材料についてといった基礎的なことだけではなく、焼酎の歴史や風土・文化による味や製造方法の違いなどさらに詳しい知識まで幅広く身に着けた方に認定される資格です。原材料や産地による焼酎の特徴と違い、飲む人の好みに合わせた飲み方(水割り、お湯割り、ロック、ソーダ割など)をしっかりと把握し、最適な焼酎を提供できることを求められます。飲食関係で働く方やお酒を扱うお仕事の方のプラスアルファの知識として人気が高い資格です。また、お酒が好きな方、趣味で知識を深めたい方にもお勧めです。

2.焼酎セレクトアドバイザー

焼酎の製法や特徴など焼酎に関することだけではなく、適したグラスの選び方や種類・原材料に合わせた飲み方、焼酎に合うおつまみの作り方など焼酎に関する幅広い知識を身に着けた方に認定されるのが焼酎セレクトアドバイザーです。日常の食事に取り入れやすい飲み方や選定方法、オリジナルの酎ハイの作り方まで、焼酎に精通した知識とスキルを求められます。この資格を取得することにより、飲食関係のお店やバーなどで焼酎やおつまみの新しいレシピを提案するスキルが身に付きます。お仕事のステップアップとしてだけではなく、趣味で焼酎を究めたい方にも人気の資格です。

3.焼酎唎酒師

お客様の好みや要望に合わせた焼酎とその飲み方を提案・提供できるサービスのプロフェッショナルに付与される資格です。焼酎に関する基礎的な知識だけではなく、テイスティングのスキル、季節ごとのおつまみのレシピや焼酎以外の食べ物や飲料に関する知識、料理や飲み方のレシピに関する高い提案力などサービスを提供するプロとしてより高い専門性が求められます。飲食店や旅館などで働く方のスキルアップとしてだけではなく、サービス業界に興味のある学生の方からも注目を浴びている資格です。資格取得には通信講座、会場受講後筆記試験、DVDによる在宅受講のどれかが必須となります。時間や予算に合わせてお好きな方法で受講できるので、忙しい方でも隙間時間で勉強できるのが嬉しいです。

4.焼酎検定

一般の方に焼酎を普及し、正しい知識を身に着け後世に伝えることのできる人材の育成を目的として設立された検定です。焼酎の基礎的な知識を身に着けた方に付与される3級、焼酎の基礎的な知識を身に着けたうえで自分なりのアレンジや応用を加えて焼酎を楽しめるスキルを有していることを認定する2級、焼酎のプロフェッショナルとして後世に焼酎の良さや楽しみ方を伝えていける知識を身に着けたことを認定する1級と、知識やスキルに合わせてそれぞれのレベルで資格を取得できます。試験方式は会場受験で、筆記試験の身となっています。飲食店で働く方のプラスアルファとしての知識だけではなく、趣味でお酒を楽しんでいる方、更なる焼酎の知識を深めたい方にも人気の資格です。

5.焼酎きき酒師

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が認定する焼酎のプロフェッショナルが焼酎きき酒師です。焼酎の基礎的な知識だけではなく、料理に合わせた焼酎の選定方法、器の選び方などといったコーディネイトを提案するサービスのプロとしてのスキルを有していることが必要です。資格取得後はサービスのプロとして、飲食店や旅館での需要が見込めます。指定講座を受講後、定期的に行われる試験を受験するのが一般的な取得方法です。

身近なお酒でありながら、究め始めると奥が深いのが焼酎です。その焼酎に関する知識を深め、日常生活や仕事に活かせる資格を取得することでご自分の可能性を更に広げることができるでしょう。お酒が好きな方、飲食店で働く方、是非資格取得を視野に入れてみてはいかがでしょうか。
焼酎  焼酎