評判

温泉観光資格人気ランキング

温泉資格

日本にはたくさんの温泉があります。日本国内だけでなく海外でも注目を集めています。

そんな温泉人気に伴い温泉に関する資格が温泉で働く人、温泉に興味がある人、旅行関係の仕事をしている人たちの間で人気となっているのです。今回は人気の温泉資格についてご紹介します。

1位 温泉観光アドバイザー

温泉観光アドバイザーは日本生活環境支援協会が資格認定を発給している資格です。日本生活環境支援協会とは、生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定しています。生活に関係する技術者のスキルとモチベーションアップのためさまざまな資格を出しています。そんな日本生活環境支援協会の中でも注目の資格が温泉観光アドバイザー資格です。温泉観光アドバイザー資格取得者は全国の温泉に関する知識を有していることが証明されます。資格取得をするためには、各温泉の所在地、泉質、泉温、効能や、温泉の歴史などについての知識も求められるのです。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができるほか、実際に温泉で働く人にとってのスキルアップの資格としても人気です。

2位 サナトリウム健康アドバイザー

サナトリウム健康アドバイザーは、スキルの高いインストラクターを育成するための団体である日本インストラクター協会が認定している資格です。サナトリウム健康アドバイザー資格を取得するためには泉質の種類や入浴方法に関する知識があることが求められます。例えば、温泉分析表の見方、単純温泉といった泉質、源泉かけ流しなど温泉に関する言葉の意味などが理解できていることなどが問われるのです。資格取得後はサナトリウムアドバイザーとして温泉などの施設で働くこともできます。

3位 温泉ソムリエ

温泉ソムリエは温泉ソムリエ協会が認定する民間資格です。昨今の温泉ブームは日本だけでなく海外においても人気が高く温泉のことをもっと知りたい、温泉旅行をするのが好きな人たちの間で人気の資格です。温泉ソムリエ資格を取得するためには温泉分析書の読みかたや入浴方法など温泉についての知識を習得することになります。温泉ソムリエは半日か1日かけて講座を受講後資格を取得することができます。また、通信講座でゆっくり取得するコースもあるため自分にあった方法で取得することができます。

4位 温泉観光士

温泉観光士という資格があるのを知っていますか?あまり聞いなれない資格ですが温泉に関わる資格としては注目の資格の一つです。

温泉観光士は日本温泉地域学会主催し草津温泉後援による研修講座です。温泉観光士講座では、温泉学ともいえる本格的な温泉の講義で温泉に対する理解を深め、地域の温泉の発展と活性化に寄与できる人材を育成することを目的としています。講座の内容は、泉地学、温泉化学、温泉医学、温泉生物学、温泉工学、温泉法学などの知識を学ぶことができます。講座、実地、試験という構成で行われます。専門家による講座なのでかなり専門的な知識を得ることになります。試験に合格すると温泉観光士としての資格を取得することができるのです。資格取得後は温泉観光としていろんな温泉を紹介したりする人や、現在旅行関連の仕事をしている人のスキルアップの資格となります。

5位 温泉保養士

温泉保養士は一般社団法人保養士協会が認定している資格です。一般社団法人保養士協会は日本の温泉文化の原点とも言われる日本型健康法である湯治(温泉保養)について理解し、その知識と技術を観光事業、健康事業、福祉事業など幅広い分野で活用することができるスペシャリストを育成し、現代型湯治健康法(スパウェルネス)を広めるために設立した団体です。温泉保養士は、昨今の温泉人気に伴い温泉の専門的な知識を学びたい人たちが増える中、注目されている資格の一つなのです。温泉保養士はバルネオセラピストとも呼ばれています。バルネオとは温泉という意味です。温泉保養士は温泉医学や予防医学に基づき温泉の持つ保健的機能を引き出す知識や技術を習得し温泉療法を きちんと活用した健康づくりを安全かつ適切にアドバイスできることが求められます。資格を取得後は温泉保養士としてさまざま分野で活躍することができます。
温泉観光  温泉観光