評判

洋食資格人気ランキング

洋食

洋食は今や日本人の生活には欠かせないものといえるでしょう。レストランや食堂では和食よりも洋食メニューの方を楽しむ人が多くなっていますし、家庭でも子供は洋食を好む傾向になり、毎日の食卓に並ぶことも多いでしょう。そんな洋食を本場の知識や調理法を学びながら、他人へ指導できる域までを目指していくのが各種の洋食に関する資格となっています。これらの資格を取得し、調理師など飲食店で勤務をする人も、自分の仕事の幅を広げていくことが可能になるでしょう。

1位 洋食エキスパート

日本安全食料料理協会によるエキスパートを育成するための資格となっています。日本人ならではの、日本の艦橋や味覚にあった洋食の調理の仕方やマナー、食材そのものへ知識を性格に学んでいくことができる、実践的な資格になっています。洋食ならではのフライパンや鍋、包丁やフライ返しといった調理器具の使い方など、調理に携わっている人にとっても学んでおいて損のない資格と言えるでしょう。揚げ方や煮込み方、焼き方などの調理法の特性とその活かし方も学べるので、新しい調理法を見出していく時も役立ってくれます。この資格を習得していれば、洋食のエキスパートとしてカルチャーセンターや料理教室で指導をできるようになります。

2位 健康西洋料理インストラクター

日本インストラクター協会が認定試験を実施している資格です。洋食ならではの調味料であるバターやチーズと言ったもの、そしてハーブや塩、光量など味付けに関してのコツをしっかりと学ぶことが可能な資格です。さらにそれらを肉や魚と行ったメイン商材の料理に対してどうやって活かしていくか、また野菜の栄養面の関しても学べる資格です。エビフライやオムライス、ミートパイなど人気の料理の調理についての知識を身につけて、デミグラスやベシャメルと行った本格的なソースの作り方も資格試験を通して身につけられます。さらにテーブルマナーや作法、並べ方や店方など調理に関すること以外の洋食の知識も深められます。

3位 西洋料理テーブルマナー講師認定試験

日本人にはあまり普及しているとはいえない、洋食のテーブルマナー。それを幅広く普及させていくための資格となっています。業界で活躍しているエキスパートの講習を受けて、西洋料理に関しては、毎年試験を実施しています。この資格を習得していれば、ホテルや高級レストランでもしっかりとお客に対して失礼な行動の内容に、働くことができますし、そういった職場でリーダーとして正しく指導をしていくことができるようになるでしょう。また料理の歴史なども学べるので、話をするときにも役立ちますし、執筆をしたり、料理教室での指導に役立ってくれます。初級、上級、マスターがあるのも大きな特徴です。

4位 フードスタイリスト

フードスタイリスト®資格は社団法人日本フードライセンス国際協会が認定をしている、専門的な資格です。この資格はこの協会が商標登録を行っているので、履歴書などもオンリーワンの資格としてアピールをすることができます。内容としてどんな強みがあるのかというと、料理撮影の現場において、料理を綺麗に魅力的に演出、撮影するためのスタイリングなどの技術を学ぶことができるようになっています。調理や料理の技術を学ぶだけでは習得できない、「魅せる」を事を主眼においたユニークな資格になっていると言えるでしょう。CMや雑誌、インターネット動画などの撮影現場で役立てることができる資格なので、雑誌編集や撮影に携わる人、商品開発や学校の講師などその活躍の場はどんどん広がってきています。

洋食に関係する資格は多種多彩なものがあります。まず資格の取得として有線すべきは、調理に直接携わるような資格になるでしょう。そういった資格を取得した後には、飾り方や店方などに関係する資格の取得を目指すことで、料理人や経営者としての幅を大きく広げていくことも可能になるかもしれません。
洋食  洋食