評判

模型好きに口コミ評判が高い建築模型技工士インストラクター認定試験資格

建築模型

子どもの頃プラモデルを作っていた人は多いと思いますが、どんなプラモデルが好きでしたか?自分はおもちゃなども好きでしたが、特にお城の模型は大好きで、机の前にずっと飾っていました。

プラモデルなどの模型作りを大人になっても趣味で行う人も多いですが、せっかくなのでそれを建築などの分野で社会に役立て、副収入を得てみませんか?

「そんなことできるの?」と思われるかもしれませんが、日本インストラクター協会で「建築模型技工士インストラクター認定試験」を受け、無事合格できればあなたの持っている模型作成能力が社会のために役立ち、あなたの収入にもなるのです。ですので多くの模型ファンに口コミ評判が高いのです。

模型は大事!

建物の模型に魅力を感じる人はとても多くいます。眺めるだけでわくわくした気分になる人も多く、それが高じて模型のコレクションをする人もいるそうです。

そして、どのような模型が口コミ評判が高いかというと、よりリアルなものです。建築模型技工士インストラクターとして問われるのも、いかにリアルな建築模型が作れるか、ということにつきます。

次に、建築模型技工士インストラクター認定試験を受けるにあたって、最低限知っておくべき模型の種類を学んでおきましょう。趣味と違って、クライアントが求めている模型を作る必要があるからです。

スタディ模型

スタディ模型とは、建築設計を行う際に設計内容を確認するために作る簡易模型のことです。建築模型というとこのスタディ模型のことを指すことが多いようです。三次元CADや3Dシミュレーションの進出でスタディ模型の使われる場面が減りつつあるとも言われますが、やはり実際に目にしたもののほうがリアリティがありますよね。

プレゼンテーション模型

プレゼンテーション模型は、建築模型を作ることで設計者自身が内容を確認するとともに
建て主の方に建物の全体像を理解してもらうために有効です。

相手により納得してもらえるように、外観だけでなく間取りや各室の天井高、各階のつながり、窓の位置やドア位置、開き勝手などインテリアについてもこだわる仕事をすると口コミ評判につながります。プラモデルで塗装や細部にまでこだわったことがある人にとってみればお手のものでしょうね。

展示模型

展示模型は実際のものを縮尺して、よりわかり易く表現したものです。

観光地や公共施設などによくその建物を縮小した模型が展示してありますよね、あれのことです。展示会にも展示模型は活用されるので、より見栄えのよい模型が求められます。

原寸模型

これまでは何分の1かに縮小した模型でしたが、この原寸模型は文字通り実物と同じ大きさで作成されているものをさします。もちろん部分のみの再現であったり、素材が安い物・軽いものであったりはしますが、本物と同じ大きさということでイメージもわきやすいですし、課題なども発見しやすいというメリットがあります。

上記の他にも細かい模型の分類がありますが、そのいずれもよりリアルであったり、細部を忠実に表現することが問われますので、あなたの腕の見せ所ですね!

模型設計の会社を起業できるかも!

もし、もっと本格的に建築模型技工士インストラクター認定試験で得られる資格を生かして仕事をしたいのなら、模型政策の専門会社を起業することもできるかもしれません。

住宅を建てる人にとっては一生に一度の買い物であることが多いため、実際に完成するまで期待と共に不安もいっぱいあるものです。

そんな人に期待感を増幅させ、不安を和らげるのが住宅模型です。あなたの作る建築模型が多くの人の心をときめかせ、口コミ評判が拡がっていけば、仕事というより趣味に近いような感覚で建築模型の作製を楽しめる未来が待っています!
建築模型・住宅模型  建築模型・住宅模型