評判

服の色を操り人間関係を円滑にできると口コミ評判になっている資格を服飾インストラクター認定試験で取得

ファッションデザイナー

着ている服でその人の性格や気分がある程度わかるって知っていましたか?人は、無意識のうちにその日に着ていく服の色を選んでいるそうです。

それを逆手にとって、着る服を買えることによって性格や気分を変えることもできますよね!さらにそれをコミュニケーションの手段として昇華させることも可能です。

実は、「服飾インストラクター認定試験」を受け、見事に合格されたなら、服の色や種類、着こなし方などをアドバイスできる専門家として活躍することも可能なのです。

あなたも下記の記事を読んで、「私にもできそう」と思われたら、ファッション好きな女子に口コミ評判になっている「服飾インストラクター認定試験」を受けてみませんか?

着る服が性格や気分をあらわす理由

なぜ着ている服でその人の性格や気分がわかるのでしょうか?いろいろ説がありますが、人間は同じ状態にとどまっていたいという意識があることが最大の原因だと言われています。

自分の心がふさいでいる時に、派手なピンクの色を着ようとすると「こんな派手な服を着るのは自分にふさわしくない」と無意識レベルで反発するというのです。そして地味な服を手に取るのです。

お年寄りがグレーや茶色の服を選びやすいのを想像されると分かると思います。

ですので、服飾インストラクターの役割として、相手のなりたい性格や心理状態にあわせてどのような服を着れば良いか、何色の服が良いのか、どのような着こなし方をすれば良いのかをアドバイスし、相手のキャラクターを演出してあげることが必要なのです。

服によってコミュニケーションも円滑になります

初対面の人に話しかけるときって勇気が必要ですよね。そんな時、相手がどんな服装か、気になりますよね。

金ぴかに飾られた服を着た人はちょっと話しづらいし、黒い服だと自信満々そうな感じで威圧感があるかもしれません。

また、男性が女性をデートにさそうなら、赤や黄色などの服を着ていたら声をかけやすいかもしれませんね。

つまり、あなたが着る服の種類によって相手が話しかけやすいか話しかけづらいかが決定されてきます。会話がそもそもスタートするかどうかが服の色によって決まってしまうこともあるのです。

そして、会話が始まってからも、会話が弾むか重々しくなるかも服によって変わってきます。もちろん相手の服だけではなく、あなたが着ている服との相性や相関関係でも違ってきます。

どのような服を着るかによって、どんな人に見られるかについての知識を「服飾インストラクター認定試験」では求められているので、その信頼性が口コミ評判になっているのです。

色であなたの見せ方を演出する例

着ている服でどのように相手に与える印象を変えられるかについて、具体的な色の種類をあげてご紹介します。

白い服・・・誠実であることをアピールします。雲や雪のようにピュアなイメージがあり、素直、純真さを表したいときに着ると良いでしょう。

赤い服・・・情熱的な色です。男性でもリーダータイプの人に赤色を好む人は多いです。女性であれば外向的であることをアピールできます。

黄色の服・・・太陽や稲穂などのようにナチュラルさを醸し出します。心を開き、お互いにコミュニケーションをとりやすくします。

紫色の服・・・芸術的なイメージを持たせます。相手に神秘的な印象も与えます。
ファッションデザイナー  ファッションデザイナー