評判

日本茶・お茶資格人気ランキング

日本茶は日本では奈良時代より中国から伝わり、特権階級の人たちの中で広まり高級な嗜好品として広まりました。江戸時代以降になると一般人にも飲まれ現代では身近な飲み物として親しまれています。今日本茶やお茶に対するさまざまな資格が人気を集めています。今回は日本茶やお茶に関する資格についてご紹介致します。

1位 日本茶セレクター

日本茶セレクター資格は日本安全食料料理協会が主催する資格となっています。日本安全食料料理協会は、食品や料理技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定してし認定証を発給している団体です。日本茶セレクターは協会でも注目の資格です。日本茶セレクター資格を取得するためには日本茶の歴史、日本茶葉の知識、日本茶の栽培や茶摘み、お茶の種類である一番茶、二番茶、走り新茶、初摘み新茶など、お茶についての幅広い知識が求められます。それらが協会の認める水準に到達している者に対して日本茶セレクターの資格を発給されます。日本茶セレクター資格に合格すると日本茶セレクターとして活動することが出来るほか、日本茶関連の企業やショップで働く時のスキルの一つとしても役立つ資格となっています。

資格取得は在宅受験を採用しており、費用は10000円とリーズナブルな設定のため多くの人が気軽に受験できるため人気の資格の一つです。

2位 緑茶インストラクター

緑茶インストラクターは日本インストラクター協会が認める資格です。日本インストラクター協会はインストラクターのスキルアップと社会的地位の向上のためさまざまな資格を発給し優秀なインストラクターを育成している協会です。緑茶インストラクターは協会でも注目の資格なのです。

緑茶インストラクター資格試験では、緑茶について多くの知識を習得していることが求められます。茶葉別の美味しい入れ方、保管方法、日本各地の有名なお茶の知識、日本茶の歴史、さらには茶碗、茶釜、火おこし、柄杓、盆、水指、水注、茶筅、茶巾、茶入など茶道の種類や知識、など古くから伝わる日本茶の伝統についての細かな知識も問われます。日本茶を使った料理レシピの知識を有していることを認定されます。また、日本茶を使った料理のレシピなどについても出題されます。

資格取得後は、緑茶インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動が可能になります。また、緑茶インストラクターとしてお茶を取り扱う飲食業や専門店でも働くことができます。

3位 日本茶アドバイザー

日本茶アドバイザーはNPO法人日本茶インストラクター協会が認定する資格です。NPO法人日本茶インストラクター協会は歴史ある日本茶の普及と日本茶の伝統を伝える優秀な人材を育成するために資格をだしている団体です。日本茶アドバイザーはお茶の基本的な知識とアドバイス能力があること、消費者の指導や助言ができインストラクターのアシスタントとしての的確性が備わっている初級指導者の資格です。日本茶アドバイザー資格を取得方法は日本茶アドバイザー養成スクールにて通学で学ぶ方法、日本茶イアドバイザー養成講座を通信教育で学習後、実技講習を受け受験する方法、日本茶インストラクター通信講座を修了し、申請する事で資格取得する方法の3通りの方法で取得する事ができます。自分のペースに合わせた取得方法で資格を取得できるのです。

資格取得後は日本茶アドバイザーとしてカフェやお茶を扱うショップなどで働くことが出来るためお茶に感心がある人には良い資格ですね。

4位 日本茶インストラクター

日本茶インストラクターははNPO法人日本茶インストラクター協会が認定する資格です。日本茶インストラクターは日本茶のことを理解し、日本茶の全てにわたる知識及び技術の程度が、消費者や初級指導者を指導する適格性を備えた中級指導者の資格なのです。日本茶に対する関心が高い人、お茶のことについてもっと学びたい人、お茶関連の仕事に就きたい人には有益な資格です。

日本茶インストラクター資格を取得するためには日本茶の基本的な知識に加え専門的な知識も必要となります。日本茶の歴史、文化、日本茶の各地の生産地のこと、日本茶の保管方法、道具などのほかに日本茶の淹れ方などにも触れます。日本茶アドバイザーよりも細かな知識が求められるのです。

資格取得は日本茶インストラクター通信講座を受講後一次試験(筆記試験)を受験ご合格すると二次試験(実技試験)に進むことができるのです。合格すると日本茶インストラクターとして認定証がもらうことができます。

資格取得後は日本茶インストラクターとして活動できます。インストラクターとしてカルチャースクールで講師活動ができるほか、飲食、お茶関連の会社で働くことができるプロとしての資格です。

5位 日本茶スペシャリスト

日本茶スペシャリストは一般社団法人日本能力教育促進協会(JAFA)が認定している資格です。日本茶スペシャリスト資格を取得するためには日本茶の茶葉の種類、製造工程から美味しいお茶の淹れ方までの知識や技術が協会の認める水準に到達している人に対し資格が発給されます。

日本茶スペシャリストに合格すると認定証が送られ、日本茶スペシャリストとして活動することができます。

資格取得後は自宅でサロンを開いたり、現在飲食業やカフェを開いている人にとってはスキルアップの資格となります。

また、お茶に淹れ方やマナーなどの知識も習得できるので普段の生活のも役立つ資格なのです。