評判

日本茶セレクター認定試験口コミ評判

日本茶セレクター認定試験とは

日本茶セレクター認定試験とは、日本安全食料料理協会が主催してる資格試験で、日本茶についての基本的な幅広い知識を持っている事を証明する資格になります。

お茶の種類や淹れ方、茶葉の栽培や茶摘の仕方などにも精通し、日本茶の歴史や文化にも理解を持っている事が求められる資格です。

日本茶セレクターに求められる知識は?

日本茶は日常的に私たちの暮らしの中に溶け込んでる飲料ですが、飲むと誰もが自然とホッとできる、不思議な力を持っています。

日本茶には煎茶や番茶など、様々な種類のお茶があり、茶葉の種類も豊富です。お茶の種類、茶葉の種類によっても淹れ方が違い、淹れ方の違いによっても味が全く変わってきます。

日本茶セレクターには、そんな日本茶の種類や茶葉の知識、栽培方法や収穫の仕方、日本茶の相場や、良い茶葉の見分け方など、日本茶に関するありとあらゆる、幅広い知識が求められます。お茶の世界を深く知ることで、日本茶のスペシャリストとして、日本茶を楽しむ事を、広められるようになります。

試験のしくみは?

日本茶セレクター認定試験を受験するための資格は特にありません。どなたでも日本茶に興味のある人であれば受験できます。

申し込みはインターネットから行い、試験は自宅で受験します。申し込みをすると、受験票や答案用紙が送られてきます。試験期間内に自宅で解答して、提出期限内に郵送で提出します。合否の連絡は1ヵ月後くらいになります。

受験にかかる費用は1万円。だいたい2ヶ月に1回のペースで試験は行われていて、合格に必要な正解率は70%以上です。70%と聞くと、少し難しそうに感じるかもしれませんが、知識がしっかり身についていれば、難なくクリアできる問題です。頻繁に試験は行われていますので、自分に必要な知識が身についたと感じた時点で、試験に挑戦するほうがいいでしょう。

日本茶の文化を学ぶには

日本茶セレクター認定試験に合格するためには、人それぞれの勉強法があると思います。日本茶の専門書を読んだり、日本茶についてインターネットなどを使って情報を集めたりして独学で学ぶ人や、日本茶に関する講座や教室に通って学ぶ人もいるでしょう。

日本安全食料料理協会は、食のスペシャリストの地位向上を目指す団体ですが、学校ではないので、教室や講座は開いていません。ただ、諒設計アーキテクトラーニングというスクールが、日本茶セレクターのなるのに適した通信講座を行っています。『日本茶セレクターW資格取得講座』というコースで、日本茶の基礎や日本茶文化を学びながら、「日本茶セレクター」と「緑茶インストラクター」の2つの資格を同時に取得することを目指す講座です。日本茶のスペシャリストになるためのカリキュラムがしっかり組まれている講座のようなので、スクールや講座で日本茶について学ぼうと思っている方は、参考にしてみてもいいかもしれませんね。

口コミ評判

「日本茶を淹れるのに適した水や温度、蒸らす時間など、実際に使える技術を詳細に学んで、資格を取れてからは、明らかに美味しいお茶を淹れられるようになりました。」「喫茶店を経営してるのですが、和菓子とお茶のメニューを充実させたいと思って資格を取りました。勉強してからは、同じ茶葉でも全然違う味で淹れることができています。」「勉強を進めるうちに、日本茶の幅広い知識を得ることができ、日本茶の魅力を再確認できました。」など、趣味として日本茶の世界と深く親しんだり、仕事や生活の中で実際に技能を活かせるといった声が多いようです。

資格を取得した後は、カルチャー教室の講師としての活動や、日本茶販売店やカフェ、和菓子店などで、日本茶の奥深い世界を伝えるような活動もできるでしょう。お茶の淹れ方も向上してくるので、ティータイムをより楽しく過ごす事もできるはずです。

日本茶セレクターの認定試験を通じて、日本文化の礎とも言える、日本茶の文化にもっと親しんでみませんか?