評判

憧れの喫茶店経営!紅茶マイスターへの道

紅茶

紅茶はカフェにおいてコーヒーと人気を二分する飲み物で、茶葉の種類や淹れ方など、奥深い世界が根強いファンを生んでいます。
最近ではカフェブームもあり、アンティークの家具やティーカップに囲まれたおしゃれなティールームの経営を夢見る人も少なくありません。
今回はそんな紅茶について、より深く学べる資格についてご紹介します。
将来、カフェ経営者になりたい方も必見です。

1つ上を行く、2つの資格

より紅茶についての造詣を深められ、一つ上のカフェオーナーになれる、そんな資格をご存知ですか?
それは、日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定する、「紅茶アドバイザー」と「紅茶マイスター」という資格です。

紅茶アドバイザー

紅茶の歴史や茶葉の種類と産地や選び方、淹れ方による味の違い、紅茶の等級や効能などに関する知識など、紅茶についての基礎知識があることを認定する資格です。
紅茶アドバイザーの通信講座では、茶葉の種類やティーカップなどの扱い方、本格的なティータイムのやり方や自宅で美味しい紅茶を淹れるコツなどを学べるので、ティールーム経営を目指す方はもちろん、紅茶好きの方にオススメの資格です。

紅茶マイスター

カフェまたは喫茶店経営の知識、マーケティングに関する知識と戦略、ティールームの内装・設備、商品とサービス。
それらを実務で活用することができる能力があることを認定する資格です。ティールームオーナーにとって、より実務的な能力を認定する資格なので、ティールーム・カフェ関係の仕事の方やティールームオーナーやカフェオーナーを目指す方に人気の資格です。
また、取得するとカルチャースクールなどの講師として活動することが許されます。

受験について

どちらもインターネットから申請可能で在宅受験が可能です。
7割の評価があれば合格です。受験料は各1万円となります。
受験日など詳しくは下記のリンクをご参照ください。
https://www.asc-jp.com/

合格をめざして

紅茶とティールームについて深い知識が必要な試験ですので、数多くのスクールや講座があり、通信教育の講座も豊富にあります。
ネットでそれぞれの資格について「紅茶 通信講座 ランキング」などの検索ワードで調べると、通信教育やスクールに関する情報がすぐに出てきます。
「紅茶アドバイザー」「紅茶マイスター」ともに人気の資格なので、検索するといろいろなサイトが上がってきますが、値段や内容も様々ですので、それぞれのサイトの口コミなどの評判を比較し、よく調べた上で自分に合った、楽しく学べるものを選ぶと良いでしょう。
紅茶好きのお友達や行きつけの喫茶店の方がこれらの資格をお持ちでしたら、経験者のお話を聞いてみるのもオススメです。

 紅茶についてより深く学び、一つ上のティールームオーナーになるには「紅茶アドバイザー」「紅茶マイスター」という資格があることがお分かりいただけたでしょうか?
これらの資格を取得し、素敵な紅茶ライフを過ごしましょう。
紅茶  紅茶