評判

意外な層に口コミ評判が拡がっているハウスクリーニングアドバイザー認定試験

ハウスクリーニング

家庭を掃除してくれるスペシャリスト、と聞いてあなたはどのような人をイメージされますか?欧米では家がとても大きいので古くからハウスクリーニングの文化があったようですが、日本ではそれほど注目されてこなかったので、イメージしづらいでしょうね。

でも、このハウスクリーニングを利用する人が近年増加傾向にあるのです。そしてその利用者として特に増えつつあるのがなんと「共働きの家庭」なのです。

なぜ共働きの家庭に人気があるのでしょう?

長引く不況で専業主婦の割合は年々減り続け、パートで働く主婦が急増しているのに伴って、家の掃除にまで手が回らなくなっているのが理由でしょうね。

でも、知らない人に家の掃除を任せるのは不安、ということでプロの知識や視点をもった人が求められ、そのような人は口コミ評判が高くなっているのです。

日本生活環境支援協会ではハウスクリーニングアドバイザー認定試験を通じて掃除のスペシャリストを認定し、家庭の状況に応じて最適な掃除ができるプロを育成するアドバイザーを増やしているのです。

ハウスクリーニングアドバイザー認定試験のメリットと役割

ハウスクリーニングアドバイザー認定試験はなんといってもインターネットを通じて自宅でできることです。ですので、仕事や家事で家がなかなか空けられない人にも安心なのです。

一口に家庭の掃除と言っても、台所の油汚れや水回り、カーペットのシミ、泥の汚れ、お風呂や洗濯機のカビなど多岐にわたりますし、多くの人は年に一度の大掃除以外はあまり気にしないものなのです。

そういった視点を養うのがハウスクリーニングアドバイザー認定試験なのです。普通の人が普段気に留めないことをていねいにアドバイスしてくれることが高い口コミ評判の理由なのですね。

これからも増え続ける需要

今は共働きの家庭が増えているということでハウスクリーニングアドバイザー認定試験の需要が高いことはご理解いただけたと思いますが、今後はどうなるでしょうか?

自分は、今後も需要は減るどころかどんどん増え続けると思います。

1つめの根拠は、どんどん高齢化社会が進行していることです。お年寄りの中には足腰が悪くなったり認知症が進んだりして自分で部屋の掃除ができない、でもホームヘルパーを頼むほどでもない、という人が増えてくると思います。お部屋の掃除だけしてほしいという需要は必ず増えると思います。

2つめの根拠は、掃除ができない若者が増えていることです。自分などは母親が掃除をしていたのを横目で見ていたので掃除とはどのようなものかわかっていましたが、核家族で共働きという環境で育った若者が大人になって、掃除の仕方がわからないケースが増えているのです。小学校でも掃除ができない子が増えたり、大学生になって一人暮らしをはじめてあっという間に部屋がごちゃごちゃになる若者も多いです。その若者が親になったらその子がどうなるか・・・、もうおわかりですよね。

いかがでしたでしょうか?資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができ、もちろん掃除のプロとしても活躍することができるハウスクリーニングアドバイザー認定試験、口コミ評判が広まり続けているので、あなたが資格取得した頃には仕事の依頼や講演の依頼でひっぱりだこになっているかもしれませんよ。
ハウスクリーニング  ハウスクリーニング