評判

心理カウンセラー・メンタル心理資格口コミ評判ランキング

心理通信

子どもからお年寄りまで、それぞれの世代にのしかかる不安や将来。世代に関わらず、心理的なストレスは、常につきものです。小さな変化にも見逃さず、ケアでき、社会が幸せにつながっていくためにも必要な資格になります。現代社会が取り巻く環境は、一人ひとりの環境にスポットあててみると不安や悩み、ストレスに悩まされていることがあわまります。仕事、学校、夫婦、老後、その他環境的なストレスも含め様々な問題を抱えているのです。心理学を学びたい方、興味のある方におススメの資格です。

1位 メンタル心理ヘルスカウンセラー

日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の資格になります。企業に所属する社員のメンタルヘルスに関わる相談対応、職場全体のメンタルヘルスに対応、サポートする技能を習得した方が認定される資格です。個人の相談や、管理職、人事担当など、その人の会社内立場の状況から抱えてしまっているストレス、悩みなどは個々それぞれにあります。職場内メンタルヘルスに関するカウンセリング対応は、会社のためにも必要です。そして一度離れた職場に再度復帰した際の新たなストレスの再発防止策にも、カウンセリングを通してサポート、アドバイスしていくことができます。企業だけではなく、介護、教育現場
などでも求められる人材であり、様々な分野で技能を活かすことができます。
メンタル心理ヘルスカウンセラーへ

2位 メンタル心理インストラクター

日本インストラクター協会が主催する資格になります。心理学を幅広く学び、症状別に合わせた治療法を十分に理解し、心理学を用いて、それぞれの悩みや相談に指導ができることを有した人に認定されます。患者が抱える問題やストレスによって引き起こされる症状を、原因を理解、共感してあげることが大切で、話しを十分に聞いてあげることが重要です。心理学の知識があるメンタル心理カウンセラーは、様々な問題を抱える今の社会では、過度なストレスにより、精神疾患である鬱病になる方が増加しているのが現状であり、そうした患者さんの身になって、ゆっくり時間をかけて向き合っていけることが必要とされるます。資格取得後は、病院、一般企業、教育機関、福祉施設でも活躍することができます。
メンタル心理インストラクター資格詳細

3位 メンタルケア心理士®

医療福祉情報実務能力協会が主催する資格になります。医療、福祉、教育、産業、公共サービス等で相談援助および心理カウンセリング、心理療法によるカウンセリング業務従事職やコミュニケーション向上で求められる基礎能力を有している方を認定する資格になります。受験資格は、メンタルケア学術学会指定教育機関においてメンタルケア心理講座を修了したもの、認定心理士の資格を保有しているもの、産業カウンセラー初級の資格を保有しているもの、4年制大学心理学部、学科、心理隣接学部、卒業者を対象とした資格になります。社会や環境、人間関係、仕事、育児、持病の不安や悩み等、現代では、多く
の人が何かのストレスや問題を持ったまま誰にも相談できずにいます。メンタル心理士は、そうした問題や不安によって、うつや、不眠などで悩んでいる患者さんに、多様な相談援助、カウンセリングをし、心理学に沿って、ケアやサポートをしていきます。

4位 メンタル心理カウンセラー

日本能力開発推進協会が認定する資格になります。心理学に関する知識、カウンセリングに関する基礎知識、精神医学の基礎知識を学びます。カウンセリングに関する職業能力が必要になってきます。心理的に悩んでいる人たちを、それおぞれの悩みに沿ってサポートできるようなカウンセリングを行うことができるようになります。医療、福祉、教育、産業など様々な分野で活躍することができます。

5位 認定心理カウンセラー

全国心理カウンセリング機構が認定する資格になります。心理カウンセラーとしての必要な基礎知識、カウンセリングの技法及び姿勢を身に付け、実践に役立つ指導を学びます。人と接する事や、人と話しをすることが好きな方、心理学を専攻し、カウンセラーの仕事に興味がある方、地域社会や、企業で、カウンセラーとして働いてみたい方などが受講対象となっています。講座を修了後、認定(適正)テストに合格した者のみ、資格認定証を取得することができます。カウンセラーとして、地域、学校、企業等、プロの心理カウンセラーとしてフォーローをしてもらうことができます。
メンタル心理  メンタル心理