評判

建築模型・住宅模型資格口コミ評判ランキング

建築模型

細かい作業が好きな方、模型づくりを趣味にしている方におススメの資格。昔、プラモデルや、お城などを地道に作っていたことを思い出します。作り始めると、黙々と作業に没頭し、出来上がった時の嬉しさは、何とも言えない達成感を味わうことができます。建築模型や住宅模型は、プラモデルのように、決まったパーツが既にあるというものではないですが、それに通じるものがあります。クライアントの要望に沿って、建築模型、住宅模型を作成していくことで、製作する喜びと、注文の要望通りに仕上がった達成感を仕事で味わうことができます。建築模型の、基本となる製作、技術、技能を取得し、資格取得後は、住宅関連業界で、資格を活かすことができるようになります。建築模型の需要は、設計事務所で多くあり、設計者が建築物のプレゼン、検討、説明するために、必要になってきます。設計者の意図を汲み取る必要性もあるため、建築に関する専門的用語や知識に精通しておかなければなりません。

1位 実践建築模型認定試験

日本デザインプランナー協会が主催する資格になります。建築をプレゼンするための、建築模型の製作、技術、技能、模型製作者としての、スキルや経験、業界で通用する技術が必要となってきます。実際の建築物を計画・建設する際に、説明する判断材料として、建築模型は、必要不可欠となっている。図面やパースでは伝えきれない部分を、立体的に繊細に作り上げることができる技能が必要になってきます。設計者の意図を汲み取り、模型を通して、第3者に対するプレゼンテーションの業務で、積極的に使用している、企業、建築技術者、その他技術者に対して、設計通りに精密に製作していくことが、今後の取引を良好に保つ為にも不可欠となってくる仕事です。クライアントに、わかりやすく説明するための模型であり、専門的な技術や技能を習得しておく必要があります。
実践建築模型資格詳細

2位 建築模型技工士インストラクター

日本インストラクターが主催する資格になります。建築模型に関する基礎知識、建築に関する専門用語や知識について習得しており、技能を有している人に認定されます。模型には、様々な種類があり、スタディー模型、プレゼンテーション模型、検討模型、説明模型、展示模型、体験模型、比較模型、原寸模型などの模型があります。模型に関する基礎知識や、模型を製作
するための技術が必要とされます。2次元の図面を3次元に立ち上げる建築模型は、模型製作を趣味としている方たちにも人気があります。模型製作技術者は、設計事務所や、建築事務所で需要があります。働き方は様々で、正社員からパート社員、在宅ワークなど、その人のライフワークにあった働き方で、建築模型技巧士インストラクターとして活躍することもできます。設計者の意向を充分に理解し、実務ですぐに通用できるレベルの技術と、そして完成予想図を作成するうえで、コミュニケーション能力が、必要となってきます。
建築模型技工士インストラクター資格詳細

3位 建築模型士Primary

住宅や建築物の模型を製作する技能を持つ人に認定される資格になります。建築模型は、建物を建てる際に、模型を製作し、それを参考に施主に、プランや完成イメージを細部にわたって具体的に説明する際に、使用されます。高度な模型製作の技術を有する人に与えられる仕事になります。建築模型士Primaryとして、建築に関する知識を充分に認識している必要性があり、実務ですぐに資格を活かせる技術や技能が必要です。また、施主と、密な打ち合わせをし、やり取りや修正、追加変更等、コミュニケーションをしていく必要があるため、作成する上で、そうした人と接する能力も必要になります。設計事務所、建築事務所、工務店などで需要があり、実務経験を地道に積み重ねていきます。建築業界だけではなく、一般の方でも、手先が器用で、模型作りを趣味としている人にもおすすめの資格になります。
建築模型・住宅模型  建築模型・住宅模型