評判

幼児食資格人気ランキング

幼児食資格

幼児期の食はこれから大人になるにあたってとても大切です。この時期にきちんとした食事を摂ることで子供自身の食に対する意識が違ってくるのです。そんな大切な幼児食に関しての資格が注目されています。今回は5つの幼児食の資格についてご紹介致します。

1位 幼児食マイスター

幼児食マイスターは、食品、料理技術の各スキルの水準がある一定以上ある者に対し資格を発給している日本安全食料料理協会が認定している資格です。幼児食マイスター資格を取得するためには子供の成長にあった栄養バランスを考えた献立を作る知識、離乳食から幼児食に変える時期、幼児食の食材など幼児食についてのさまざまな知識が求められます。また、子供の体のつくり、脳や神経細胞、骨や筋肉の成長を考えた食事作りと、環境作りの知識も必要となります。幼児食マイスター資格を取得後は自身の子育てに役立たすことができるほか、幼児食マイスターとして活動することができます。

2位ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターは日本インストラクター協会が認定する資格です。日本インストラクター協会は教える水準が協会が定める一定以上の水準のある者に対して認定書を発行します。そんな協会の中でも子供の食について関心の高い人たちに注目されている資格がこのベビーフードインストラクター資格なのです。
ベビーフードインストラクター資格を取得するためには、子供の成長に合わせた食事に関する知識を持ち合わせていること、季節の献立、栄養価の高い野菜の献立、行事ごとの献立など楽しく美味しい食事作りができることが求められます。栄養価がバランスよく含まれ幼児の体格や体質、運動量に合った食事作りができるスキルも求められるのです。
栄養と食べやすさを考えた食事作りが出来るベビーフードインストラクター資格を取得すると、ベビーフードインストラクターとして活躍できます。自宅やカルチャースクールで講師として活動することもできる資格です。

3位 幼児食インストラクター

幼児食インストラクターは日本能力開発推進協会が認定している資格です。
幼児食インストラクターは協会が求める一定以上の水準に到達していることで認定証をもらえます。幼児期(1歳~6歳)の体や心の形成時期に食事が美味しいだけでなく体や脳、骨の発達に影響を与える幼児食に関するさまざまな知識を身に付けていることが合格の条件です。また、合わせて子供の食について的確なアドバイスができる能力も必要になってきます。
資格取得後は幼児食インストラクターとして活動することができます。幼児食のことを学びたい子育て中のママ達にアドバイスしたり、カルチャースクール、給食センター福祉施設などでも働くことができる資格です。
受験資格は協会が行う教育訓練においてカリュキュラムを終了した者に受験資格が与えられ、修了者は在宅で受験することが可能です。

 4位 幼児食アドバイザー

幼児食アドバイザーは一般社団法人母子栄養協会が認定する資格です。母子栄養協会では母親のあり方、食卓のあり方、家族の食育のあり方が問題になっている昨今、それらを解決するために母子栄養学を正しく学べるための結成された団体です。
幼児食アドバイザー資格取得するためには、幼児期の大切な時期の食事についてや栄養学知識について学ぶことができます。
小児の体のなりたち、小児に多いアレルギーなどの病気について栄養学、小児に向く食材と献立の作成方法、カウンセリング技術など細かな知識が求められます。
資格取得後は、幼児食アドバイザーとして活躍することができるほか、幼稚園、保育園、給食センター、幼児関連企業などで働く時のスキルの一つとして持っていると役立つ資格です。

5位 子供食育健康コーディネター

子供食育健康コーディネーターは一般社団法人資格支援能力振興協会が認定する資格です。一般社団法人資格支援能力振興協会は街や地域住民や市民の健康で幸せなよりよい暮らしや生活づくりに役立つ人材を育成することが目的で設立した団体です。
その中でも子供の食と健康はとても大切なことです。未来のある子供の成長に欠かせない食と食による健康についての知識を持つ者が子供食育健康コーディネーターとして認定されます。
子供食育健康コーディネーターは子供の食性からスポーツ栄養学の基本的な知識や技術を活かし成長期における子供の健康と食育、子供のスポーツと栄養に関わる情報などを現場の立場から提供します。また、食事の量、質、食事の摂り方などをアドバイスしていくのです。
資格取得後は給食センターや子育て支援センターなどの福祉施設、子供関連の仕事に就くことができる幅広い資格なのです。
幼児食  幼児食