評判

幼児食マイスター認定試験口コミ評判

幼児食資格

幼児食マイスター認定試験とは?

日本安全食料料理協会が主催している認定試験で、幼児食への深い知識を持ち、子供の成長に合わせて、必要な栄養バランスに配慮した献立を作る事ができる人に与えられる資格です。
子供の身体のつくりと成長についての理解が深く、子供の脳や神経、骨や筋肉の発育に合わせて、必要な栄養素を選択できる見識が必要になります。離乳食から幼児食への切り替え時期の判断や、蕁麻疹や痒みなど、アナフィラキシー症状の予防、食材によるアレルギーに対しての知識も必要とされるので、食を通しての子供の成長と健康に、大きな役割を果たせる資格試験と言えるでしょう。

幼児食とは何?

幼児食とは1歳から6歳位までの食事で、離乳食を終えてからの幼児の成長に合わせて、母乳以外の食材から栄養を取れるように調理した食事です。
食べ物を自分で噛み砕いて食べる力を養い、子供の成長に必要な栄養素をバランスよく取らせる事が重要になります。基本的には、薄味で、消化のいいように柔らかく、バリエーション豊かな食材を用い、アレルギーやアナフィラキシーに配慮した食事が求められます。

幼児食は、筋肉や骨を作る事はもちろん、精神や脳の正常な発育にも大きな影響を与えるものなので、幼児食に関する知識と理解は、子育てにおいてとても重要なものなのです。

試験概要

幼児マイスター認定試験の受験資格は特にありません。誰でも受験できます。受験料は10,000円。インターネットで申し込みをします。試験会場は自宅です。受験票と試験問題が送られてくるので、試験期間内に解答し、提出期限までに郵送する、という流れになります。だいたい2ヶ月に1回のペースで試験は行われていますので、受験のチャンスは豊富にあります。

合否の基準は70%以上の正解率。少しハードルが高いように感じるかもしれませんが、幼児食に関しての必要な知識が備わっていれば、問題なくクリアできるはずなので、自分の準備が整ったタイミングで受験するようにしましょう。

幼児食に関する知識を身につけるには?

試験に合格するためには、幼児食について、幼児の発育、食材のアレルギーなどの影響や対処法など、豊富な知識を得る必要があります。専門書を読んだり、インターネットで情報を得たり、独学で学ぶスタイルの人も多くいるかもしれません。

幼児食マイスター認定試験を主催する日本安全食料料理協会は、食のエキスパートの育成をサポートする団体ですが、直接教室や講座を開いているわけではありません。しかし認定校制度というのがあり、「諒設計アーキテクトラーニング」というスクールが、幼児食マイスター認定試験の資格を取得するのに十分な知識を学べる通信講座を開いています。『幼児食マイスターW資格取得講座』というコースで、「幼児食マイスター」と「ベビーフードインストラクター」の2つの資格の取得を同時に目指すという講座です。幼児食に向く食材や、幼児に必要な栄養素などについて一から学べるようなので、幼児食の学習をする際の選択肢の一つとして、考慮してみる価値はあるかもしれませんね。

口コミ評判は?

「幼児食って何?という状態から、子供のために勉強を始めました。」「子育てをしながらでも資格を取る事ができました。実際の育児に生かせる知識なので、この資格を取って本当に良かったです。」「保育園に勤めてるのですが、0才児から6歳児までの幅広い子供達に必要な栄養素を知る事ができ、資格を取ってからは自信をもって業務に取り組めています。」など、実際の子育てや、保育や幼児教育の現場で、大いに役立つ知識と資格として評価されているようです。

幼児食のレシピを作ろう

子供の健やかな成長に必要な幼児食に知識を得る事は、子供の発育に直結します。自分の子供のためにも、保育や幼児教育で預かる子供たちのためにも、ママ友やSNSなどでの情報の発信や共有にも役立つ、幼児食の専門知識を得て、栄養バランスが取れて子供も喜ぶ、幼児食レシピを作ってみませんか?
幼児食  幼児食