評判

家庭菜園インストラクター口コミ評判

ベランダ菜園

農業への関心が高まり、初心者でも手軽に参入しやすくなったおかげで、現在幅広い世代が家庭菜園に精を出しています。自然と触れ合いながら健康的な生活を送れるとして人気な趣味ですが、間違った知識やいい加減な気持ちで始めると挫折しやすいのも事実です。

そこで日本インストラクター協会は家庭菜園に対して信頼できる知識を持った人を「家庭菜園インストラクター 」として認定しています。資格取得者がその知識を広めることで、家庭菜園に関わる人たちの認識や考え方を改め、結果的に充実した社会を作りだすことにつながっているのです。家庭菜園の知識は、今や暮らしの基礎を作る一部となっています。

好きで土いじりをしていた人も、資格を持てばプロとして家庭菜園の教室を開くこともできるのです。人に教えられるほどの知識は、十分仕事として働くだけの価値があります。家庭菜園という舞台で、あなたの才能をもっと開花させてみてはいかがでしょうか。

【家庭菜園の正しい知識を広める】

必要な道具はすぐに揃えることができるので、場所さえ確保すれば比較的簡単に始められるのが家庭菜園の魅力でしょう。それゆえに自己流の方法で環境を整え、害虫や雑草への対策が疎かになる人も多くいます。それは結果的に植物や野菜を枯らしてしまい、モチベーションの低下につながるでしょう。

家庭菜園インストラクターの資格を持つ人は、その知識で家庭菜園に興味を持った人たちが挫折しないように手を貸すことができます。新規参入してくる人たちに正しい方法を伝授できれば、家庭菜園に関する注目が集まり、結果的に資格を活かした仕事が増えるでしょう。

家庭菜園に携わる人たちはこれからもっと重要視され、多くの機会と巡り合うでしょう。家庭菜園インストラクターは、将来を考えたとき、有効に活用する手段をいくつも見いだせる資格であるといえます。

【種類ごとに適切な環境を考える】

家庭菜園と一口にいっても、実際の環境や育てる野菜には人それぞればらつきがあります。一つのやり方をマスターしただけでは、全てに対応することはできないでしょう。家庭菜園インストラクターの資格を持つ人は、植物と野菜ごとに適した環境整備を提案し、それぞれの家庭に合わせた方法をアドバイスする力が求められるのです。

基礎知識に加えて応用の効く知識を身につけるのには努力が必要ですが、だからこそ家庭菜園インストラクターの資格は信頼され、様々な場所で活躍できる可能性を持っています。

学校や地域の施設などで、家庭菜園を通して人々の交流を図ろうとする動きが見られるようになりました。そういったイベントでこそ有資格者のノウハウは活かされます。今後は高齢化社会も家庭菜園へ参加する団体の後押しとなるので、将来はもっと多くの場所で家庭菜園インストラクターが働く姿を見ることができるかもしれません。

【家庭菜園を通して何を学ぶか】

家庭菜園を始める理由は、人によって大きく異なります。健康を考える人もいれば、自分で育てた野菜に魅了された人もいます。いずれにせよ家庭菜園を通して学べるものには、大きな価値を見出すことができるでしょう。

家庭菜園インストラクターとなるだけの知識を持った人も、常に家庭菜園から学ぼうとする姿勢を忘れないようにしてください。資格取得を目標としたなら、そこからさらに将来を想像し、誰のために何のためにその能力を使うのか考えましょう。それがはっきりしていれば、よりたくさんの人たちに家庭菜園の魅力を伝えることができるはずです。

日本インストラクター協会が行う試験は在宅での受験になります。自宅を離れずにいられるので、時間に余裕がない人でも簡単に挑戦できるでしょう。家庭菜園インストラクターの資格を取得した後も、学ぶことと教えることを常に考え、もっともっと充実した家庭菜園を行えるように努力してくださいね。

ベランダ菜園  ベランダ菜園