評判

安眠インストラクター認定試験をうけたことで快眠できるようになったと口コミ評判の声が多数!

睡眠快眠

安眠したい、でもできないという悩みを抱えている方に、あなたが安眠できるようになるだけでなく他の人に安眠に関する講師活動までできてしまう資格があるので、ご紹介します。

それは日本インストラクター協会が行っている「安眠インストラクター認定試験」です。

民間療法でレモンを枕元に置くとか、羊を数えれば良いとか、推理小説を読めば良いとかいろいろ言われていますが、人によって最適な安眠の方法を科学的に伝授する安眠インストラクターは今、口コミ評判になっているほどの資格なのです。

安眠を妨げる原因

自然の生活の中では、朝に日が昇ると起き、夜に日が沈んだら眠るという生活をずっとしてきました。でも、電気の発明などによって、夜中でも煌々とライトが光り、深夜でも営業している店も増えていき、だんだん自然な生活のサイクルが乱れています。

それに加えて、仕事上のストレスは常に緊張状態を引き起こすため、寝るときにまで頭が休まることなく、眠りが浅くなったりしてしまうのです。

他にも、アパートなどでは騒音の問題も深刻ですし、ベッドの上でもスマホやタブレット端末を使って夜更かしする習慣も多くの人がしていますので、安眠できにくくなっているのです。

安眠インストラクター認定試験に合格するには、それらの事象に対して最適な安眠法を提案してあげる能力が欠かせません!

寝るときは、寝る

安眠のために大事なことの一つは、眠りの深さです。短時間睡眠法も様々考えられていますが、短い時間でもぐっすり眠れたら頭がすっきりすることはあります。

逆に、1日10時間ぐらい寝ていても、眠りが浅ければ頭がすっきりしないこともあるでしょう。

そして、寝るときは寝る、という決意も必要です。ベッドに入ってスマホでSNSやネットサーフィンをしていたらいつの間にか眠っていた、というのでは眠りが浅くなってしまう可能性が高いです。アイマスクや耳栓をするのは、寝ることに集中するという意味では効果があります。

睡眠不足の危険性

先ほど短時間睡眠について書きましたが、ごく限られた状況なら良いかもしれませんが(受験勉強など)、健康その他の面から短時間睡眠はおすすめできません。「安眠インストラクター認定試験」でも、眠りの質と共に寝る時間は非常に大切な項目になっています。

ナポレオン・ボナパルトが1日3時間しか眠らなかったといわれていますが、それは戦争中で眠ってしまったら自分が倒されてしまうかもしれないという緊張状態にあるからであって、望ましい状況とは言えません。

他にも歴史上の偉人などで短時間睡眠で偉業をなしとげた例もたくさんありますが、あなたが安眠インストラクターとしてアドバイスする時には適度な睡眠時間をとるようにすすめてください。

睡眠不足は注意力散漫、けがや病気の原因、自律神経の異常など様々な悪影響がありますので、心身の健康に大敵なのです!

様々な安眠グッズも効果的!

先ほどアイマスクや耳栓を取り上げましたが、安眠のために使うアイテムはたくさんあります。

枕、布団、ベッドを見直すのは大事ですね。特に枕は、寝たときの首の角度や沈み具合などが安眠と大きく関係してきますので、重要です。

さらに、アロマオイルなど、良い香りを出すものは心地よい眠りを醸し出します。

他に、おちつく音楽も人によっては効果があります。子どもも子守歌で安らかに眠ることがありますからね!
睡眠  睡眠