評判

和菓子資格人気ランキング

和菓子

和菓子は日本古来のお菓子ですが繊細な技術や美しい形、日本食ブームが体に良いという風潮の広がりにより国内だけでなく海外でも人気のお菓子です。そんな日本の文化ともいえる和菓子のことを学びたい人たちの間で人気の資格が和菓子資格です。
今回は和菓子にまつわる資格を4つご紹介したいと思います。

1位 和スイーツセレクトマイスター

和菓子資格のなかで最近注目の資格が和スイーツセレクトマイスターという資格です。
和スイーツセレクトマイスターという資格はあまり聞いたことがない人も多いと思いますが和スイーツセレクターは日本安全食料料理協会が食品や料理の技術者の技術の向上をスキルアップのために資格を出している団体です。また、資格を出すことで雇用する企業が技術者のレベルを見極めるためにもとても有効なのです。和スイーツセレクトマイスター資格もこちらの日本安全食料料理協会が認めている注目している資格です。
和スイーツセレクトマイスター資格を取得するためには、和菓子の種類や道具、分類、材料など和菓子全般の知識を習得していることです。生菓子と半生菓子の違いについてや、打ち物、押し物、流し物、饅頭、蒸し物、岡物などの各種の和菓子の知識も必要となります。また、小豆や上白糖や三温糖、和三盆、もち粉、道明寺粉など和菓子の材料やに加え、和菓子作りに必要な道具の知識も持っているかどうかが問われます。また、全国各地の日本の郷土菓子につてや和菓子の歴史や文化など多義に亘っての和菓子の知識が必要となります。
資格取得後は協会より和スイーツセレクトマイスターとして認定証が送られてきます。
その時点で和スイーツセレクトマイスターとして活躍することができる他、和菓子職人として仕事をしている人はスキルアップの資格として取得する人も多い人気の資格なのです。

2位 和菓子文化コーディネーター

和菓子文化コーディネーターという資格があるのを知っていますか?
和菓子文化コーディネーターは日本生活環境支援協会が認定している資格です。
日本生活環境支援協会は生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定し資格を発給しています。
和菓子文化コーディネーターもこの日本生活環境支援協会が認めるレベルの人に対し資格を出しています。
和菓子文化コーディネーターになるためには和菓子に関する幅広い知識、日本各地域の郷土和菓子についての知識が問われます。そして、郷土菓子が生まれた土地の文化や背景、歴史に関する知識、また、和菓子には欠かせないお茶のこと、西の代表京菓子と東の代表江戸菓子の違いやぼたもちとおはぎの違い、さらには汁粉とぜんざい、桜餅と道明寺、おかきとあられとせんべいの違いなど、他では学べない和菓子のさまざまな知識も学べるため和菓子好きの人には深い和菓子の知識を知るいいチャンスかもしれませんね。実践では和菓子作りなども学べる本格的な資格となっています。
和菓子文化コーディネーター資格を取得するとお菓子業界で働けるほか、各地域の名産物などの広報的な仕事をしている人もいるため今注目の資格です。

3位 菓子製造技能士

菓子製造技能士とは和菓子の製造技術者としての技術向上と和菓子協会の発展のために設立された日本菓子教育センターが主催する国家資格です。
菓子製造技能検定を受検するためには、一定の年数の実務経験が必要となります。厳しい和菓子の業界ですからある程度の経験がないと受験することができません。そのため、和菓子の製造業務を経験した経験者が対象となります。
菓子製造技能士は実技作業試験と筆記試験ががあり、菓子の知識全般が求められます。また実技試験では、洋菓子製造作業と和菓子製造作業の2つの試験を受験します。
どちらも1級と2級があり、洋菓子製造作業の1級は4種類のビスキュイアラキュエール、デコレーションケーキの仕上げ作業、2級は4同割りのスポンジ記事の製造とデコレーションケーキの仕上げを行います。
和菓子製造作業では1級は阿波紅ぼかしじょうよう饅頭作り、練り切り製品、羊羹などの製造、2級は田舎まんじゅう、練り切り製品やどら焼きの皮の製造などをすることになります。
いずれも時間が設定されていて時間内に出された課題を仕上げることが必須です。
これらの試験に合格することで菓子職人としての高度な技術と能力が習得できるためスキルアップの資格としても人気のプロ資格です。

4位 製菓衛生士

製菓衛生士は製菓衛生師法に基ついてパンや菓子を製造するため講習衛星や製造者の資質向上のため安全性の高い食品を作る資格です。つまり、パンや菓子作りに従事する人のスキルを高めるための資格で厚生労働省が管轄する国家資格となります。
食品の安全性が問われている昨今、プロとして仕事をするのには必要性の高い資格なのです。
製菓衛生士になるためには、栄養学、公衆衛生学、食品学、食品衛生学、製菓理論および実技の試験が厚生労働省で認められているレベルに到達していることが条件となります。
製菓衛生士の試験に合格すると自身で独立しお店をすることが出来たり、カルチャースクールなどで講師として活躍することもできるため、食品関連で活躍したい人にはおススメの資格です。
和菓子  和菓子