評判

ハンドクラフトを極めよう!

ハンドメイド手芸

手軽にオリジナル作品を作れることで趣味として人気のハンドクラフト。
自分の身の回りのものや、お子さんのいるご家庭でしたら子供向けの日用品やぬいぐるみなど、自分の手で作り出すことが可能で、実用的な技術を身につけられるため、資格として勉強する方も増えています。
「もっと深く手芸について知りたい!」「ハンドクラフトを極めたい!」そんな方のために、手芸の資格についてまとめました。

実用的な資格を取ろう!

手芸(ハンドクラフト)に関する資格はいくつもありますが、勉強することで様々な技術を身につけられ、取得後すぐに役立つオススメの資格は、日本デザインプランナー協会(JDP)が認定する「クラフトハンドメイドマイスター(クラフトマイスター)」と、日本生活環境支援協会(JLESA)が認定する「手芸アドバイザー」という資格です。

クラフトハンドメイドマイスター(クラフトマイスター)

クラフトハンドメイドマイスター(クラフトマイスター)とは装飾用の糸の扱い方や布の染め方など、クラフトの基礎知識があり、創作する技能を持っている人に認定される資格です。
取得すると講師として活動できるので、個人の趣味としてだけでなく、クラフト関係の仕事をする方にオススメの資格です。

手芸アドバイザー

手芸アドバイザーは、クラフトに関する知識、カーピングやギャザーなどの技術を理解している人に認定される資格です。
学ぶことで初心者でも実用的なものを作ることができるようになるので、これからハンドクラフトの趣味を始めたい人に最適な資格です。
こちらの資格も取得後に講師としての活動ができます。

受験について

どちらもインターネットから申請可能で在宅受験が可能です。
7割の評価があれば合格です。受験料は各1万円となります。
受験日など詳しくは下記のリンクをご参照ください。
https://www.designshikaku.net/

https://www.nihonsupport.org/

合格をめざして

これらの資格には、数多くのスクールや講座があり、通信教育の講座も豊富にあります。ネットでそれぞれの資格について「クラフト資格 通信講座 ランキング」などの検索ワードで調べると、通信教育やスクールに関する情報がすぐに出てきます。
「クラフトハンドメイドマイスター(クラフトマイスター)」「手芸アドバイザー」ともに人気の資格なので、検索するといろいろなサイトが上がってきます。
値段や内容も様々ですので、それぞれのサイトの口コミなどの評判を比較し、よく調べた上で自分に合った、楽しく学べるものを選ぶと良いでしょう。
各地域でカルチャースクールも多く開催されているので、そちらに参加して講師の方などにお話を聞くのもオススメです。

どちらの資格も、取得した方の中には講師として活動する方も多く、副業として始めるにあたり人気の高い資格です。
もちろん趣味をレベルアップさせるために受験される方も多いそうです。
ハンドクラフトは非常にジャンルが多彩で老若男女多くの人が楽しめる趣味です。
ハンドメイド  ハンドメイド