評判

口コミ評判の高いPOPライターになりたいですか?POPライターインストラクター認定試験の受験がおすすめ

ポップ

子どもの頃、学級新聞にPOP文字を使った記事を描いて友達の口コミ評判になったとか、学園祭の看板にPOP調の文字を描いて大いに盛り上げた経験がある方なら、POPライターという職業がおすすめかもしれません。

今職業を探しる人はもちろん、仕事をしていても手に職をつければいざというときに安心ですからね。そして、「POPライターインストラクター認定試験」なら在宅で受験ができるので、仕事をしながらでも自宅で勉強しながら資格取得ができるともっぱら口コミ評判になっているのです。

あなたの特性をいかした仕事をすべき理由

POPライターは、POPが好きなあなたなら、多大な努力を必要とせずになれる職業です。

飾り文字やイラストなどを使って手書きで作られている販促用の広告はスーパーや量販店、小規模な商店だけでなく、大手の小売店でも多く使われています。つまりPOPライターの需要はたくさんあるのです。

そして、POPライターインストラクター認定試験にはもともと好きだったり趣味で描いたりしていることをより深く勉強するだけなので、楽しみながら学ぶことができるのです。

そうして無事にPOPライターインストラクター認定試験に合格すれば、あなたは自分の特性を生かしたPOPライターとして活躍ができるのです。もちろん仕事上辛いことや、納期、顧客とのトラブルなどはあるかもしれませんが、あなたが好きで取り組んでいることなのでストレスに悩むことなくできるとおもいますよ!

良いPOPライターは不足しています

POPライターとして活躍する人は多くいますが、人気があって口コミ評判になっている人もいれば、あまり仕事が来ない人もいるものです。

では、口コミ評判になっているPOPライターはどのような人でしょうか?

その違いについて、以下ご紹介していこうと思います。あなたがPOPライターインストラクター認定試験を受けられるに当たって、当てはまるかどうかぜひチェックしてみて下さい。

①相手に伝わる作品を描いている

子どもの頃に描いたPOPは、マーケティングの視点は考えなくて良かったので自分の描きたいことを描けば良かったかもしれません。でも、お店のPOPを描くのであればそのお店のニーズにあわせたPOPを描かなければなりません。

また、POPライターインストラクターとして活躍したいのであれば、なおさら生徒にもそのことを教えなくてはいけませんので、あなた自身が相手のニーズに合わせたPOPを描けるようになっている必要があるのです。

②オリジナリティーがある

POP文字が口コミ評判になっているのは、オリジナル性があるからです。大量生産された定型化した文字ではなく、他で見たことがない形、配色、イラストだから目をひくPOPとして口コミ評判になるのです。

ですので、最初「POPライターインストラクター認定試験」に合格するために勉強している間は他の上手な人のPOPをまねしても良いと思いますが、あなたがPOPライターインストラクターになりたいのであれば、ライターとして仕事をもらう意味でもインストラクターとして教える意味でもあなたのオリジナリティーあふれるPOPを作れる必要があるのです。

③POPが好きである

あたりまえ、と思われるかもしれませんが、実はこれが一番大事なのかもしれません。趣味であれば飽きたら辞めればいいし、自由に再開できますが、仕事であれば納期や約束は守るのは当然ですし、スランプになっても仕事はこなさなければなりません。

ですので、中途半端ではなく本気でPOPが好きだったり、POPを見て喜んでもらえるのが快感だという方が口コミ評判が高いPOPライターになれるのです。
POP広告  POP広告