評判

口コミ評判の絶えない人気紅茶専門店を目指すなら紅茶マイスター認定試験を受けよう

紅茶

コーヒー専門店は良く聴きますが、紅茶専門店ってあまり聞かない気がしませんか?コーヒーだけ、またはコーヒーも紅茶も扱っているお店は多いですが、少なくとも自分の近所では紅茶専門店はみたことがありません。では、紅茶はあまり飲まれていないのか、というとそんなことはないですよね。

紅茶専門店が少ないのは、単にマーケティングの問題かもしれません。紅茶が好きな人は多いのに、それを趣味で終わらせている人が多かったり、マーケティング面でコーヒーに立ち後れているのです。ということは、あなたが紅茶の知識をしっかりもっていて、それをいかしたマーケティングのセンスがおありであれば、紅茶マイスター認定試験を受けた上で口コミ評判の絶えない人気紅茶専門店を開くことも可能なのです。

紅茶が日本であまり広まっていない理由

紅茶を飲んだことがない人は少ないと思いますが、毎日欠かさず飲んでいる方はどれぐらいいらっしゃるでしょうか?紅茶マイスター認定試験を受ける上で、まずは紅茶と他の飲み物の比較は大事だと思います。

・コーヒーとの比較・・・「コーヒーにしますか?紅茶にしますか?」という店員さんの質問に、なんと答えますか?この記事をお読みの方は紅茶と答える人が多いでしょうが、ある調査によると9割がコーヒーを選ぶそうです。コーヒーに比べて味が薄いということが理由でしょうか。

・日本茶との比較・・・同じ茶葉を使う日本茶やウーロン茶も紅茶と競合しやすい飲み物です。特に、日本茶は一時期若者が飲まなくなっていましたが、近年飲む人が増え、総体的に紅茶の需要が減っているようです。日本食に日本茶が合うということも関係しているのかもしれません。

・他の飲み物の増加・・・最近喫茶店に行くと、多くの店のメニューにアサイージュースがいます。他にもキャラメル・マキアートなど、チェーン店を中心に若者向けのより刺激的な飲み物が増えているのも見逃せない事実です。

こう考えると、ただ紅茶が好きだというだけで紅茶に関わる仕事をしようと思っても、一部の人にしか売れないかもしれませんね。だからこそ、マーケティングの知識は必要です。紅茶マイスター認定試験に合格できれば、紅茶専門店のオーナーにもなれると口コミ評判もあるので、がんばって受けてみましょう!

あなたが口コミ評判の高い紅茶専門店を開くときに考えるべきマーケティング戦略

さて、上記のことをふまえると、しっかりとしたマーケティング戦略をもって紅茶専門店を開くべきですね。

例えば、「ターゲットを絞る」「高級感を打ち出す」「潜在見込み客(普段コーヒーしか飲ます、紅茶を飲んだことがほとんどない人など)」に対してそれらに対応した戦略を考えていくことができれば良いでしょうね。

そんなマーケティング戦略で最も有効だと思われるのが紅茶の健康効果。

まずは健康効果があるということで多くの人に関心をもってもらい、興味を持って飲んでくれた人に美味しい紅茶の飲み方を提案し、紅茶の良さに気づいてもらうという方法が良いでしょう。

こんなにある!紅茶の健康効果

さて、紅茶の健康効果はとてもたくさんあり、ここでは代表的なものだけあげます。紅茶マイスター認定試験を受ける上で役に立つはずです。

・酸化防止効果・・・日本茶で確認されている酸化防止効果ですが、紅茶にも体内の酸化を防止する効果があるという論文もあります。

・抗菌作用・・・食中毒を引き起こすピロリ菌など、多くの細菌を殺菌する効果が認められています。

・ダイエット効果・・・これは、砂糖やミルクを大量に入れないという条件付きですが、高い効果があります。
紅茶  紅茶