評判

健康ブームにのって口コミ評判になっている漢方コーディネーター認定試験

漢方薬膳

ちょっと風邪をひいたり体調を崩したりしたとき、どんな薬を使われていますか?多くの方が西洋薬を使われているのでは?最近、漢方薬など東洋医学の良さが見直されています。漢方コーディネーター認定試験はそんな漢方薬の歴史や使い方などについて知識があることを認定するとして口コミ評判になっているのです。

日本人になじみの深い漢方

漢方について知らない人はほとんどいないと思います。薬局にも普通に売られています。それでも、ちょっと風邪をひいたり体調を崩したりしたについつい西洋薬に頼ってしまいますね。病院で処方される薬の多くも西洋薬です。

今、副作用が多いなどの問題がある西洋医学よりも東洋医学が見直されていますが、漢方薬はかなり昔から日本に浸透している薬なのです。たとえば、歴史の授業で高麗人参が江戸時代にとても高価な薬として取引されたと言うことを習った方も多いと思います。その高麗人参は1,000年以上も前から中国や韓国などで愛用されているのです。

日本では健康ブームが巻き起こっていて、今まで以上に漢方の役目は高まってくると思います。でも、日本人にとって身近な漢方ですが、正確な知識や処方の方法、効能などはあまり知られていません。ですので、それらを正しく伝える漢方コーディネーター認定試験に合格して口コミ評判が今後高まる漢方コーディネーターになって活躍できるチャンスなのです。

それでは、西洋薬と漢方薬の違いについて学んでおきましょう。漢方コーディネーター認定試験を受ける上で大切な知識です。

西洋薬のメリット・デメリット

西洋薬の最大のメリットは即効性です。素早く効果が出るため、多くの人が日本でも使っているのです。

でも、西洋薬には副作用が大きいというデメリットがあります。

漢方薬のメリット・デメリット

それに対し、漢方薬をはじめとした東洋医学は体質改善を大事にしています。あなたが漢方コーディネーター認定試験をうけられるなら、この基本はしっかり頭に入れておきましょう。つまり、病気そのものをやっつけるというよりも、自分の体質改善を通じて病気になりにくい身体や、本来持っている免疫力を高めるのが漢方薬の最大の特徴なのです。

逆に漢方薬のデメリットは西洋薬の反対で即効性が低いと言うことです。また、少ないとはいえ副作用はあります。また苦いものも多く、漢方薬が苦手な人も多いのです。

幅広い業界で漢方コーディネーターが求められている

実は、漢方コーディネーターは医療関係だけでなく飲食店など幅広い業界で求められている人材なのです。漢方コーディネーター認定試験が口コミ評判となっているのも、その影響が大きいのです。
健康ブームや、高齢化の進行により飲食店も胃に優しい食べものや健康効果の高い食べもの、冷えやむくみなどの改善に役立つような食べ物が求める消費者が増えています。でも、従来の飲食店ではそのような知識を持つ人がいなかったため、漢方コーディネーターがいることはその飲食店の口コミ評判を高めることにつながるので人気が高いのです。

さぁ、あなたも漢方のスペシャリストになりましょう

健康ブームなどで注目を浴びている漢方薬。この傾向はずっと続いていくと思います。すぐに症状を改善したい場合は西洋薬、じっくりと体質改善をしていきたいという場合には漢方薬という賢い使い分けも今後一般的になっていくと思います。
でも、漢方に対して正しい知識や考え方、診断方法や症状に合わせた適切な漢方の処方などは知らない人が大半です。相談しようにも専門家も少ないです。ですので、あなたが漢方コーディネーター認定試験に合格し、漢方のスペシャリストになるのは非常に明るい未来だと思います!
漢方・薬膳  漢方・薬膳