評判

住まいアドバイザー認定試験の合格者に相談して安心して夜眠れるようになったというような口コミ評判が多数

諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

“横浜市の傾斜マンション問題”は全国的に波紋を及ぼしましたね。

“くい打ちデータ偽装”が全国に広がっていることが判明して、マンションに暮らしている人はもちろん、これからマンションを購入しようとしている人にも影響を与えていますね。

少し前ですが、震災の時にも耐震構造に欠陥がある建物が多いことが明るみに出ましたよね。

でも、素人にとって自分が住んでいる建物が安全かどうかなんて、普通解りませんよね。

そこで活躍するのが住まいアドバイザー。建物や建築材料が安全かどうか鑑定・判断する能力をもっている住まいアドバイザーになりたければ、「住まいアドバイザー認定試験」を受験されてみてはいかがでしょうか?

不安が解消されたという口コミ評判

住んでいる家が安全かどうかわからなかったら、毎日不安の中で暮らさないといけませんよね。特に高層マンションの最上階に住んでいたら、ちょっとした揺れにも過敏に反応してしまうでしょう。

施工業者にたずねてもごまかされるばかりで誰に相談すればいいかわからない、という人は「住まいアドバイザー認定試験」に合格した人にアドバイスを受けてみてはどうでしょうか?

実際に住まいアドバイザーに思い切って相談して不安が解消され、
「夜、安心して眠れるようになった」
「親切で具体的にアドバイスしてもらえた」
などの口コミ評判がたくさんあふれています。

住まいアドバイザー認定試験を目指す人も増えています。

自分の家についてアドバイザーに相談して、とても安心感が得られた人の中には、自分も住まいアドバイザーになろうという人も着実に増えています。“くい打ちデータ偽装”問題は、まだまだ不透明なことも多く、完全に解決するまで数年かかる見通しだとのことです。だからこそ「自分の身は自分で守る」という人が増えているのは必然なのですね。

さらに、今後南海トラフ沖地震が起こる可能性があるなど、住んでいる家の耐久性に不安を持っている人も増えていることもあって、そのような人に正しい知識をもってもらい、安心してもらったりなんらかの対策をとってもらう人も社会的に求められてもいます。

住まいアドバイザー認定試験に合格したら、そのような人にいざというときの安心感を与えることができる、とてもやりがいのある仕事への道も開けてくるのですね!

ここがポイント!あなたの家は大丈夫?

では、住まいアドバイザー認定試験ではどのようなことが問われるのでしょうか?

詳しい試験項目については当然公開されていませんが、住まいアドバイザーに相談した人の口コミ評判の声を例として取り上げてみましょう。

「家の内装や外装に使用する材料や、技法などについて詳しく教え下さいました」
「家の塗料に使われている成分を知り、役に立った」
「子どもがハウスダスト症候群で悩んでいたが、改善しつつあります」
などです。

これらの口コミ評判を見てわかるのは、住まいアドバイザー認定試験では家庭に住む人が普段暮らしているなかでは当たり前の事として盲点になっている問題点を的確に見抜き、どのようにすればよいかについてのアドバイスをそれぞれのお客様に会った形で提案できるということですね。

プロの目から見ると、素人にはわからない問題点があぶり出されてくるのですね。

あなたの家は大丈夫でしょうか?プロの住まいアドバイザーに相談しても良いですが、あなた自身が住まいアドバイザー認定試験になっても良いですよね!