評判

中国発祥の風水をしっかり学んで、口コミ評判の高い住宅鑑定風水インストラクター認定試験に合格してみよう!

風水

風水について興味があっていろいろ勉強している人も多いと思います。スピリチュアルブームに乗って生活に風水の考え方を取り入れる人も増えてきました。でも、中国発祥の風水を正確に理解できている人は少ないようです。

そんな中、本格的に風水についての知識を有し、日本と中国の風水の違いを知っていて、しかも住宅鑑定のアドバイスまでできる資格が取得できる「住宅鑑定風水インストラクター認定試験」が口コミ評判になっています。

日本の風水と中国の風水との違い

日本の風水と中国の風水が実はけっこう違うということを知っていましたか?

そもそも風水は中国発祥ですが、日本においては風水が完全に成立する唐代以前の一部の理論のみが陰陽道や家相として取り入れられて、中国本土とは別の形で独自の発展を遂げているそうです。

つまり、日本で普及している風水の考え方は、もしかしたら本場中国の風水とは別のものかもしれませんので注意が必要なのです。

風水の基本のおさらい

さて、あなたが「住宅鑑定風水インストラクター認定試験」を受験されたいのであれば、風水の基本知識を知っておく必要があります。簡単におさらいしておきましょうか。

○八卦・・・古代中国から伝わる易における8つの基本図像です。「天、沢、火、雷、風、水、山、地」の八つの要素が自然と人生を支配するもとだという考えで、日本では占いとして普及していますが、本来の意味は人の性と天命を探り、自然現象をシンボルとしてそこから実際の事物に当てはめる考え方です。

○五行思想・・・万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという説です。また、5種類の元素は「互いに影響を与え合い、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環する」という考えが根底に存在します。曜日にもこれらが使われていますし、西洋の「エレメント」という考えもこれと共通していますね。八卦と同じく自然現象を重視した考え方なのですね。

建築業でも風水は取り入れられています!

風水の考え方は、20世紀末に日本でブームになって以来建築業で新たな住宅を建築するときやリフォームの時に取り入れられています。もちろん、住宅鑑定風水インストラクター認定試験に合格した人のアドバイスが信頼できると口コミ評判になっていますので、建築業に就職したりアドバイザーとして活躍することもできますよ。

ここで注意ですが、先ほども述べましたように中国発祥の「風水」と日本で独自に発達した「家相」とは別物です。住宅鑑定風水インストラクター認定試験では中国発祥の「風水」を扱っていますので、「家相」と同時に使わないようにして下さいね。整合性がとれなくなり、混乱が生じてしまいますよ!

風水で運気を上昇させよう

さて、新築やリフォームだけでなく、風水を使ってちょっとした工夫をするだけで運気があがります。具体的には、「人間関係」「金銭運」「恋愛」「仕事」など様々な運気が上がるのです。

風水では、空気の通りをよくすることで運気が上がったりするので、家電や装飾品の配置換え、生活空間のレイアウトをチェンジすると良いです。または持ち物を変えることでも運気が上がります。

そのようなアドバイスをするには、すでに述べましたとおり八卦、五行の知識は基本としておさえ、さらにそれらを部屋の鑑定に用いることができる実践レベルの知識が必要になってきます。

いきなり見知らぬ人の家を鑑定するのは難しいので、まずはあなたのお家、そして新世紀や友人のお家を鑑定してみましょう。そこで「あなたの鑑定通りにやったら運気が上がったよ」と口コミ評判になれば、あなたも住宅鑑定風水インストラクターとしての第一歩を歩み始めたと言って良いでしょう!
風水  風水